また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > cheezeさんのHP > 日記

日記

cheezeStandard

最近の日記リスト 全体に公開

2018年 02月 05日 20:58暮らし

シスパーレ北東壁・安野光雅・今日の肴(タコメイン)・メメントモリ・右大臣実朝

恐る恐るお聞きするが、皆さんは御覧になられたでしょうか。平出和也さんと中島健さんが登頂された記録、土曜NHKBS2で放映された。若く優れた山岳カメラマンでもあるお二人がお互いの姿を撮りながら垂直の岩と氷を登る。まことに凄い映像で、手に汗を握るシーンが続く。これが世界トップレベルの登攀力か。無事帰還
  33   8 
2018年 01月 22日 21:58暮らし

飛露喜か獺祭か・・・酒と肴と本のこと

時々銘酒と呼ばれるやつを飲みたくなるようだ。それもいろんな種類を試してみたいとか。遅れてきた百名山ハンターのよう。この前は「飛露喜」で、今日は「獺祭」を買ってきたと言うので、とりあえず、酒の肴になりそうなものを作ることにした。今夜のメニュー: ・岩手沖のミニ吉次煮つけ     ・石巻のホヤ酢
  33   4 
2018年 01月 16日 21:58読書

阿佐田哲也・小澤征爾・山本直純…1月の読書

「色川武大・阿佐田哲也 ベストエッセイ」(ちくま文庫)2018/1/10 色川武大(阿佐田哲也)が亡くなったのは1989年、もう30年も前のこと。「麻雀放浪記」も話の特集の「怪しい来客簿」のことも懐かしく思い出す。ずいぶん読んだ。小説もエッセイもいい。 この本は、2003年に同じちくま文庫で出た
  26   2 
2018年 01月 10日 13:43読書

「ソラリス」「空海の風景」「世界で一番美味しい煮卵の作り方」他 … 年末年始の読書

「空海の風景」司馬遼太郎(中公文庫) 高野山信仰とか千日回峰とかお遍路さんとか、はたまたオウムとか山伏のようなものも含め、「密教的な何か」は聖も俗も併せて、なかなか魅力的だ。空海の興した真言密教では、「即身成仏」すなわち「修行」を経て真理に達する、自らが仏になるという思想が根本にあって、意思と肉体
  28   2 
2017年 12月 23日 17:01読書

12月後半の読書:「戦争は女の顔をしていない」…他

「戦争は女の顔をしていない」スヴェトラーナ・アレクシェービッチ(岩波現代文庫)2016/2/16 こちらが代表作か。「チェルノブイリの祈り」のアレクシェービッチ。さすがの力量で、一気に読みきった。すごい本だった。 第二次世界大戦の対独戦に参戦した100万のソ連女性たちに、戦後40年たってインタビ
  28   4 
2017年 12月 08日 17:15読書

12月の読書:「蝉しぐれ」「東京日記」「オクトーバー 物語ロシア革命」「ロシア革命入門」「たとへば君」「忘れられた巨人」

「オクトーバー 物語ロシア革命」チャイナ・ミエヴィル(筑摩書房) ロシア革命百周年を記念して、今年は何冊かの本が出版されたが、これはSF作家ミエヴィルが1917年の2月から10月までのロシア革命の詳細な一年を描いたもの。2017/10/05の初版。ノンフィクションだけれど、レーニン、トロツキー、ケ
  25   4 
2017年 11月 22日 18:35読書

11月の読書:「流」「君の膵臓を食べたい」「帰郷」「世代の痛み」

ちょっと前の話題の本、東山彰良の「流」と住野よるの「君の膵臓を食べたい」、どっちも文庫になっているのを見つけて一緒に購入、一周遅れで読みだした。 「流」は1970、80年代の台湾が舞台で登場人物も中国名。なかなか名前が覚えられなくてちょっと焦る。年のせいか。100ページ位から一気に面白くなってきて
  26   2 
ページの先頭へ