ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > カムイエクウチカウシ山

カムイエクウチカウシ山(かむいえくうちかうしやま)

最終更新:2012-06-09 06:50 - highten31
基本情報
標高 1979m
場所 北緯42度37分30秒, 東経142度45分59秒
整備された登山道はなく、途中、長い沢を渡渉しなければならない。
中札内村から札内川沿いに建設が中断された北海道道111号静内中札内線の未舗装区間6kmを遡り、終点の札内川・七ノ沢から八ノ沢を川上に向かって渡渉し、八ノ沢カールを登って稜線に出て山頂に至る。
山頂

カムイエクウチカウシ山の日の出・日の入り時刻

12/06(火) 12/07(水) 12/08(木) 12/09(金) 12/10(土) 12/11(日) 12/12(月)
日の出 6時35分 6時36分 6時37分 6時38分 6時38分 6時39分 6時40分
日の入り 16時6分 16時6分 16時6分 16時6分 16時6分 16時6分 16時6分

カムイエクウチカウシ山 (標高1979m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
-11.4
平均気温
-13.9
最低気温
-18.9
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 2.9 時間/日
降水量 5.6 mm/日
最深積雪 79 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

カムイエクウチカウシ山
カムイエクウチカウシ山
カムイエクウチカウシ山
カムイエクウチカウシ山
カムイエクウチカウシ山

山の解説 - [出典:Wikipedia]

カムイエクウチカウシ山(カムイエクウチカウシやま)は、北海道日高山脈に属する山である。日本二百名山の一つに数えられる。名称はアイヌ語の「熊(神)の転げ落ちる山」に由来する。登山家の間ではしばしばカムエクと略して呼ばれる。
幌尻岳に次ぐ日高山脈第二の高峰であり、標高1,979mである。
日高山脈襟裳国定公園内にあり、山頂には1900年に陸地測量部の正木照信。日高山脈主稜線上に悠然と聳える男性的な山容を誇り、主脈の盟主として山脈中央部に鎮座する。
南東側にはピラミッド峰 (1,853m) と呼ばれる四角錐型のピーク(支峰)が間近に望まれ、本峰を望見する絶好の展望台となる(ただし本峰以上に這松が生い茂る)。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「カムイエクウチカウシ山」 に関連する記録(最新10件)

日高山脈
  28    30 
JBs, その他1人
2016年08月13日(2日間)
日高山脈
  42     38 
2016年08月12日(2日間)
日高山脈
  41    34 
pinsuke, その他1人
2016年08月11日(3日間)
北海道
  25   129  1 
2016年08月07日(日帰り)
日高山脈
  38     61 
2016年08月07日(日帰り)
日高山脈
  115     49  2 
2016年08月07日(2日間)
日高山脈
  18     51 
longvalley, その他1人
2016年08月06日(2日間)
日高山脈
  18   41 
2016年07月17日(日帰り)
日高山脈
  20    61 
DELTAFOX, その他1人
2016年07月16日(3日間)
ページの先頭へ