ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 鎌ヶ峰

鎌ヶ峰(かまがみね)

最終更新:2011-10-22 17:22 - alpsdake
基本情報
標高 2121.1m
場所 北緯36度01分35秒, 東経137度35分56秒
山頂

鎌ヶ峰の日の出・日の入り時刻

12/06(火) 12/07(水) 12/08(木) 12/09(金) 12/10(土) 12/11(日) 12/12(月)
日の出 6時37分 6時38分 6時39分 6時40分 6時41分 6時41分 6時42分
日の入り 16時45分 16時45分 16時45分 16時45分 16時45分 16時45分 16時46分

鎌ヶ峰 (標高2121.1m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
-2.8
平均気温
-7.1
最低気温
-12.2
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 3.9 時間/日
降水量 3.2 mm/日
最深積雪 33 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

鎌ヶ峰(かまがみね)は、飛騨山脈乗鞍岳の南方にある長野県と岐阜県の境界にある標高2,121 mの山。
クマザサにおおわれた藪山。整備された登山道はない。ぎふ百山に選定されている。
名前の由来は、山の形が釜を伏せたような形からきているが、いつのまにか「釜」が「鎌」に変わってしまって山名となった。乗鞍岳との間に野麦峠、御嶽山との間に長峰峠がある。飛騨川、木曽川の支流である西野川、梓川の支流である奈川などの源流の山で、日本の中央分水界の山である。山頂には、二等三角点が設置されている
国土地理院の日本の主な山岳標高の一覧では、鎌ヶ峰までが「飛騨山脈南部」とされている。ちなみに、南の御嶽山は「御嶽山とその周辺」と記され、御嶽山系とされている。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「鎌ヶ峰」 に関連する記録(最新10件)

槍・穂高・乗鞍
  22    19  2 
naoruu, その他1人
2016年04月02日(日帰り)
甲信越
  6    6 
2015年04月26日(日帰り)
東海
  15     23  4 
2015年04月04日(日帰り)
東海
  18    35 
akakiriusagi, その他1人
2015年04月02日(日帰り)
東海
  33    26  2 
2015年03月26日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  28     18 
y-urano, その他3人
2015年03月21日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  14    20 
2015年03月16日(日帰り)
東海
  22     25  2 
2014年05月24日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  15    19 
2014年03月23日(日帰り)
ページの先頭へ