ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 中岳

中岳(なかだけ)

基本情報
標高 3084m
場所 北緯36度19分47秒, 東経137度38分48秒
山頂

中岳の日の出・日の入り時刻

01/23(月) 01/24(火) 01/25(水) 01/26(木) 01/27(金) 01/28(土) 01/29(日)
日の出 6時47分 6時46分 6時46分 6時45分 6時44分 6時44分 6時43分
日の入り 17時17分 17時18分 17時19分 17時20分 17時21分 17時22分 17時23分

中岳 (標高3084m)付近の気温

1月の気温(推定値)
最高気温
-14.2
平均気温
-16.9
最低気温
-20.8
Loading...

周辺の平年の気象状況

1月の気象
日照時間 3.4 時間/日
降水量 4.1 mm/日
最深積雪 87 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

中岳(なかだけ/なかのだけ)は、長野県松本市と岐阜県高山市にまたがる飛騨山脈南部に位置する標高3,084 mの山である。山域は中部山岳国立公園に指定されている。
中岳は槍ヶ岳から南側に伸びる稜線上にあり大喰岳と南岳の間の一峰である。3,000メートルを越える高峰であるが槍・穂高連峰の一峰で付属的な山とみなされ「…百名山」などに名を連ねることが無い。1909年(明治42年)8月に、鵜殿正雄らのパーティーが上條嘉門次と同行し奥穂高岳から槍ヶ岳へ縦走する際に登頂した。槍ヶ岳と南岳との間にあることからこの時に中岳と命名したとされている。小島烏水は、中岳を「小槍ヶ岳」と記していた。
山頂直下の東面に巨大な「舞い姫」の雪形が見られることを山岳写真家の田淵行男が紹介した。中岳南東側斜面にある雪渓末端は「雲表のオアシス」と呼ばれ、夏季は水場となっている。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「中岳」 に関連する記録(最新10件)

槍・穂高・乗鞍
  118     86  2 
higaerisazen, その他1人
2017年01月01日(3日間)
槍・穂高・乗鞍
  36    27 
2016年10月30日(日帰り)
甲信越
  110    11  4 
2016年10月30日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  38    42 
2016年10月24日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  73    24 
2016年10月22日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  48    67  2 
zama3776, その他1人
2016年10月21日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  77    28 
2016年10月21日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  90    29  2 
2016年10月21日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  140   13 
2016年10月21日(3日間)
槍・穂高・乗鞍
  218    41  2 
2016年10月19日(4日間)
ページの先頭へ