ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > オコタンペ湖

オコタンペ湖(おこたんぺこ)

最終更新:2012-01-25 00:04 - welcomecat
基本情報
標高 620m
場所 北緯42度48分05秒, 東経141度15分25秒
恵庭岳の西に位置するエメラルドグリーンのオコタンペ湖は、恵庭岳の噴出物で沢が堰き止められて出来た堰止め湖です。周囲約5km、最大深度は約20mで、標高は支笏湖より300mも高いそうです。道道78号線(支笏湖線)沿いにあります。
展望ポイント

オコタンペ湖の日の出・日の入り時刻

12/08(木) 12/09(金) 12/10(土) 12/11(日) 12/12(月) 12/13(火) 12/14(水)
日の出 6時48分 6時48分 6時49分 6時50分 6時51分 6時52分 6時53分
日の入り 16時7分 16時7分 16時7分 16時7分 16時7分 16時7分 16時8分

オコタンペ湖 (標高620m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
-2.1
平均気温
-5.3
最低気温
-8.7
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 2 時間/日
降水量 3.7 mm/日
最深積雪 66 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

オコタンペ湖
オコタンペ湖
オコタンペ湖
オコタンペ湖
オコタンペ湖

山の解説 - [出典:Wikipedia]

オコタンペ湖(オコタンペこ)は、北海道千歳市西部にある小さな湖で、支笏湖の北西7kmほどに位置している。
支笏洞爺国立公園の特別保護地区内にある恵庭岳の火山噴出物によりできた堰止湖。支笏湖よりも300m高い位置にある。周囲約5km,最大水深20.5mである。西岸には高層湿原があり、貴重な動植物が生息している。また、湖全域が支笏洞爺国立公園の特別指定保護区であり一般の立ち入りは禁止されている。ここから流出し南の支笏湖に注ぐオコタンペ川は、長さ約3.5kmで標高差300m以上を下る急流である。
一帯はエゾマツ・トドマツなどの原生林に覆われている。湖畔へ降りる細い道が1本あるほかは周辺に何もなく、オンネトー、東雲湖とともに北海道三大秘湖に数えられている。晴れていれば湖面がコバルトブルーに輝く。秋には紅葉を映し出す。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「オコタンペ湖」 に関連する記録(最新10件)

支笏・洞爺
  36    3 
2016年07月16日(日帰り)
支笏・洞爺
  17     49 
2016年03月15日(日帰り)
支笏・洞爺
  30    44 
2016年03月12日(日帰り)
支笏・洞爺
  24    64  2 
2016年03月12日(日帰り)
支笏・洞爺
  19    48 
2016年03月10日(日帰り)
支笏・洞爺
  19    62 
2016年03月05日(日帰り)
支笏・洞爺
  33     48  4 
2016年03月05日(日帰り)
支笏・洞爺
  80     97  4 
i-tomotarumae-yama, その他7人
2016年02月28日(日帰り)
支笏・洞爺
  37    62  4 
2016年02月28日(日帰り)
支笏・洞爺
  28    42 
2016年02月28日(日帰り)
ページの先頭へ