ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 大喰岳

大喰岳(おおばみだけ)

基本情報
標高 3101m
場所 北緯36度20分08秒, 東経137度38分45秒
山頂

大喰岳の日の出・日の入り時刻

12/04(日) 12/05(月) 12/06(火) 12/07(水) 12/08(木) 12/09(金) 12/10(土)
日の出 6時34分 6時35分 6時36分 6時37分 6時38分 6時38分 6時39分
日の入り 16時46分 16時46分 16時46分 16時46分 16時46分 16時46分 16時46分

大喰岳 (標高3101m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
-10.3
平均気温
-13.1
最低気温
-17.1
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 4.1 時間/日
降水量 4.1 mm/日
最深積雪 54 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

大喰岳(おおばみだけ)は、長野県松本市と岐阜県高山市にまたがる飛騨山脈南部に位置し、槍ヶ岳の南側に対峙する標高3,101 mの山。
山名は、群獣がこの付近に集まって山草を貪り食らったことにより、猟師の間で「大喰」と呼ばれたことに由来するとされる。山域は中部山岳国立公園に指定されている。
槍ヶ岳は東西南北に稜線を引き、北鎌尾根、東鎌尾根、西鎌尾根と呼ばれ、南側は鎌尾根とは呼ばないが3,000 m以上のピークが連続する稜線を引き、途中、大喰岳、中岳(3,084 m)、南岳(3,033 m)があり、穂高連峰へと続く。これらは氷食による圏谷地形と地盤の隆起の結果によるものである。
大喰岳は3,100 mを越え、日本で10位の高峰であるが、槍・穂高連峰の一峰で付属的な山とみなされ「…百名山」などに名を連ねることが無い。北側に間近に槍ヶ岳を望む。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「大喰岳」 に関連する記録(最新10件)

槍・穂高・乗鞍
  36    27 
2016年10月30日(日帰り)
甲信越
  110    11  4 
2016年10月30日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  38    42 
2016年10月24日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  52    37 
2016年10月22日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  73    24 
2016年10月22日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  48    67  2 
zama3776, その他1人
2016年10月21日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  77    28 
2016年10月21日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  90    26  2 
2016年10月21日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  140   13 
2016年10月21日(3日間)
槍・穂高・乗鞍
  218    41  2 
2016年10月19日(4日間)
ページの先頭へ