ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 八経ヶ岳

八経ヶ岳(はっきょうがたけ)

基本情報
標高 1914.6m
場所 北緯34度10分25秒, 東経135度54分25秒
山頂

八経ヶ岳の日の出・日の入り時刻

12/10(土) 12/11(日) 12/12(月) 12/13(火) 12/14(水) 12/15(木) 12/16(金)
日の出 6時43分 6時44分 6時45分 6時45分 6時46分 6時47分 6時47分
日の入り 16時56分 16時56分 16時56分 16時57分 16時57分 16時57分 16時58分

八経ヶ岳 (標高1914.6m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
-1.7
平均気温
-5.5
最低気温
-9
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 3.5 時間/日
降水量 2.6 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

八経ヶ岳方面
八経ヶ岳
八経ヶ岳
八経ヶ岳
八経ヶ岳。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

八経ヶ岳(はっきょうがたけ)は紀伊山地の一角として奈良県吉野郡天川村と上北山村の境に位置する山である。標高1,915 mで、奈良県および近畿地方の最高峰である。八剣山(はちけんざん)とも呼ばれるほか、役行者が法華経八巻を埋納したと伝わることから仏経ヶ岳(ぶっきょうがたけ)とも呼ばれる。
八経ヶ岳は大峰山脈の主峰であり、北方の弥山(みせん、標高1,895 m)や南方の明星ヶ岳(みょうじょうがたけ、標高1,894 m)といった複数の峰が近接している。山上ヶ岳から連なる山脈全体を指して大峰山と呼ぶ場合もあり、深田久弥の随筆『日本百名山』にも八経ヶ岳山頂が大峰山の最高峰として記述されている。
八経ヶ岳には下記の原始林が国の天然記念物に指定され、ユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』(2004年〈平成16年〉7月登録)に登録されている。

  • 仏経嶽原始林(ぶっきょうがたけげんしりん) - シラベ純林およびトウヒ林を含む原始林。1922年(大正11年)10月12日指定。

  • オオヤマレンゲ自生地 - 1928年(昭和3年)2月7日指定。


付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「八経ヶ岳」 に関連する記録(最新10件)

大峰山脈
  67     61  2 
2016年12月08日(日帰り)
大峰山脈
  100     127  8 
2016年12月07日(日帰り)
大峰山脈
  25    25 
2016年12月07日(日帰り)
大峰山脈
  33    39  1 
2016年12月07日(日帰り)
大峰山脈
  61    37 
2016年12月03日(日帰り)
大峰山脈
  30    67  10 
2016年12月03日(日帰り)
大峰山脈
  48    27  3 
2016年12月03日(日帰り)
大峰山脈
  71    55  22 
annyonHiroo1991Atsushi37, その他1人
2016年12月03日(日帰り)
ページの先頭へ