ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 積丹岬

積丹岬(しゃこたんみさき)

最終更新:2012-02-03 16:41 - welcomecat
基本情報
標高 100m
場所 北緯43度22分18秒, 東経140度27分43秒
100mほどの断崖にて注意。また、ヒグマ出没にてクマ鈴必須。
危険個所
展望ポイント

積丹岬の日の出・日の入り時刻

12/09(金) 12/10(土) 12/11(日) 12/12(月) 12/13(火) 12/14(水) 12/15(木)
日の出 6時57分 6時58分 6時59分 6時59分 7時0分 7時1分 7時2分
日の入り 16時5分 16時5分 16時5分 16時5分 16時5分 16時6分 16時6分

積丹岬 (標高100m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
1.8
平均気温
-0.5
最低気温
-3.1
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 1.1 時間/日
降水量 4.5 mm/日
最深積雪 40 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

積丹岬
積丹岬
積丹岬方面
奥に積丹岬
積丹岬です!

山の解説 - [出典:Wikipedia]

積丹岬(しゃこたんみさき)は、北海道西部、積丹半島の北端にあたる岬。
一帯は高さ100mを超える断崖絶壁となっており、日本海による荒波が激しい。その荒波によって、鮮新世の集塊岩が長年に亘って削られたものである。島武意、笠泊などの海岸を始め、沿岸一帯はニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定されており、奇岩、断崖が卓越する変化に富んだ海岸線が見られる。中でも海上に屹立する女郎子岩が知られ、ほかに弁天岩などがある。
野生生物も豊富で、特にトド、アザラシなどの大型海獣が多く観察される。
なお、積丹岬から西方に10kmほど進むと義経伝説が残る神威岬(かむいみさき)がある。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「積丹岬」 に関連する記録(最新10件)

記録が登録されていません。
ページの先頭へ