ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 綱付森

綱付森(つなつけのもり)

最終更新:2012-11-13 21:06 - nfosdk
基本情報
標高 1643m
場所 北緯33度47分56秒, 東経133度56分28秒
山頂

綱付森の日の出・日の入り時刻

12/11(日) 12/12(月) 12/13(火) 12/14(水) 12/15(木) 12/16(金) 12/17(土)
日の出 6時52分 6時52分 6時53分 6時54分 6時54分 6時55分 6時56分
日の入り 17時4分 17時5分 17時5分 17時5分 17時5分 17時6分 17時6分

綱付森 (標高1643m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
1.2
平均気温
-3.8
最低気温
-7.5
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 3.1 時間/日
降水量 3.1 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

綱付森
綱付森。
綱付森方面
綱付森分岐
綱付森分岐

山の解説 - [出典:Wikipedia]

綱附森(つなつきもり)は、徳島県三好市と高知県香美市の境界に位置する山である。標高1,643.1m。四国百名山選定。
天狗塚の南方3km、三嶺の南西方約6.5kmにあり、旧三好郡東祖谷山村(現徳島県三好市)と香美郡物部村(現高知県香美市)との県境に位置。
明治初年は山麓の集落名にちなんで谷道山と呼ばれていた(日本地誌提要)。明治末期から大正期には綱附山といわれた(大日本地誌)。昭和になって現名で記されるようになった(四国の尾根)。
特徴のある山容ではなく、登山の対象にはならなかった。登山者もほとんどなく原生林が残されている。北面はブナを中心とした広葉樹の原生林で、頂上付近はササが繁茂する。
徳島県下では珍しいオオヤマレンゲが自生し、ケンザンデンダ・ミヤマウラボシ・クジャクシダ・エビラシダ・チチブホラゴケなどがある。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「綱付森」 に関連する記録(最新10件)

四国剣山
  51    47  4 
2016年08月20日(2日間)
四国剣山
  34    10 
2016年08月07日(日帰り)
四国
  27    16 
2016年06月10日(日帰り)
四国剣山
  119     22  6 
10shinranman, その他1人
2016年05月08日(日帰り)
四国剣山
  
yukiel, その他10人
2016年04月10日(日帰り)
四国剣山
  115    24  6 
2015年11月28日(日帰り)
四国剣山
  30     45  8 
2015年10月03日(2日間)
四国
  92     42  2 
shichi7kachichi3537kyanon, その他1人
2015年09月22日(2日間)
ページの先頭へ