ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 仙娥滝

仙娥滝(せんがだき)

最終更新:2013-03-08 08:15 - yoneyama
基本情報
標高 680m
場所 北緯35度44分58秒, 東経138度33分58秒
落差30mの荘厳で見事な滝。【国特別名勝】【日本25勝】【平成の名水100選】等々数々の勲章を得ている滝です。
落差30m,日本の滝100選
展望ポイント 仙娥滝の迫力と滝壺の轟音

仙娥滝の日の出・日の入り時刻

01/25(水) 01/26(木) 01/27(金) 01/28(土) 01/29(日) 01/30(月) 01/31(火)
日の出 6時46分 6時46分 6時45分 6時45分 6時44分 6時43分 6時42分
日の入り 17時11分 17時12分 17時13分 17時14分 17時15分 17時16分 17時17分

仙娥滝 (標高680m)付近の気温

1月の気温(推定値)
最高気温
5.8
平均気温
0.1
最低気温
-4.7
Loading...

周辺の平年の気象状況

1月の気象
日照時間 6.8 時間/日
降水量 1.1 mm/日
最深積雪 18 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

仙娥滝(せんがたき)は山梨県甲府市の昇仙峡にある滝。日本の滝百選に選定されている。
滝の名である「仙娥」とは、中国神話に登場する月に行った女性嫦娥のことであり、ひいては月を意味する言葉である。
富士川水系の荒川上流にある、山梨県を代表する景勝地の一つ昇仙峡の最奥部に位置する。昇仙峡のシンボルである覚円峰の麓にある。この滝は地殻変動による断層によって生じた。花崗岩の岩肌を削りながら落下している滝で落差は30mである。駐車場から徒歩約5分の場所にあり、秋の紅葉シーズンには数多くの観光客が訪れる。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「仙娥滝」 に関連する記録(最新10件)

奥秩父
  44    6 
2016年12月23日(日帰り)
甲信越
  42   3 
2016年11月28日(日帰り)
関東
  50    17  4 
babo2000, その他2人
2016年11月26日(日帰り)
奥秩父
   1 
shala, その他3人
2016年11月23日(日帰り)
甲信越
  30    21 
2016年11月23日(日帰り)
奥秩父
  85    88  14 
man_u16, その他2人
2016年11月20日(日帰り)
甲信越
  86    75 
2016年11月20日(日帰り)
奥秩父
  21    7 
2016年11月05日(日帰り)
甲信越
  
2016年11月04日(日帰り)
ページの先頭へ