ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 厳島神社

厳島神社(いつくしまじんじゃ)

最終更新:2012-10-25 11:22 - navecat
基本情報
場所 北緯34度17分45秒, 東経132度19分11秒

厳島神社 (基準標高39.8m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
11.7
平均気温
6.7
最低気温
2.4
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 4.8 時間/日
降水量 1.3 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

厳島神社(いつくしまじんじゃ、公式表記:嚴島神社)は、広島県廿日市市の厳島(宮島)にある神社。式内社(名神大社)、安芸国一宮。旧社格は官幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「三つ盛り二重亀甲に剣花菱」。
古くは「伊都岐島神社」とも記された。全国に約500社ある厳島神社の総本社である。ユネスコの世界文化遺産に「厳島神社」として登録されている。
広島湾に浮かぶ厳島(宮島)の北東部、弥山(標高535m)北麓に鎮座する。厳島は一般に「安芸の宮島」とも呼ばれ日本三景の1つに数えられている。
平家からの信仰で有名で、平清盛により現在の海上に立つ大規模な社殿が整えられた。社殿は現在、本殿・拝殿・回廊など6棟が国宝に、14棟が重要文化財に指定されている。そのほか、平家の納めた平家納経を始めとした国宝・重要文化財の工芸品を多数納めている。
厳島神社の平舞台(国宝:附指定)は日本三舞台の1つに数えられるほか、海上に立つ高さ16mの大鳥居(重要文化財)は日本三大鳥居の1つである。また、夏に行われる例祭は「管絃祭」として知られる。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「厳島神社」 に関連する記録(最新10件)

中国
    2 
2016年12月08日(日帰り)
中国山地西部
  36    25 
2016年12月07日(日帰り)
中国
  9    11  2 
botchi-zu, その他1人
2016年12月04日(日帰り)
中国山地西部
  32    15 
kimamayama, その他1人
2016年12月03日(日帰り)
中国
  
yumigy, その他1人
2016年11月30日(日帰り)
中国山地西部
  43    16 
2016年11月28日(日帰り)
中国
  61     25  6 
2016年11月26日(日帰り)
中国
  43    5 
yoshi_ko, その他22人
2016年11月23日(日帰り)
ページの先頭へ