ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > つくばエキスポセンター

つくばエキスポセンター(つくばえきすぽせんたー)

最終更新:2012-12-05 21:08 - higashino9
基本情報
場所 北緯36度05分12秒, 東経140度06分39秒
トイレ

つくばエキスポセンター (基準標高24.5m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
11.4
平均気温
5.4
最低気温
-0.1
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 5.7 時間/日
降水量 1.4 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

つくばエキスポセンター H2ロケット実物大模型
つくばエキスポセンター(茨城No15撮影ポイント)
[[camera]] 18:ここは「つくばエキスポセンター」です。
昨夜の雨もあがり、いい天気♪ お宿の窓から、つくばエキスポセンターH2のロケットも入れて絶景!
[[camera]] 19:つくばエキスポセンター。「学園都市のみち」の撮影ポイント [[camera]] です。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

つくばエキスポセンター(TSUKUBA EXPO CENTER)は、茨城県つくば市吾妻二丁目9番地にある科学館。公益財団法人つくば科学万博記念財団が管理運営する。
1985年(昭和60年)に筑波研究学園都市で開催された国際科学技術博覧会の閉幕後、最新の科学技術や身近な科学に親しみを持ってもらえるように開設された。世界最大級の規模を持つプラネタリウムや、屋外に展示されている実物大のH-IIロケットの模型が特徴である。
宇宙・海洋・原子力・ナノテクノロジー・生命科学・地球環境等、科学技術について幅広く展示している科学館である。例えば日本が開発した深海探査艇のしんかい6500の模型に乗って深海の世界を見ることのできる施設がある。また、国際科学技術博覧会(つくば博)当時の様子を展示した「科学万博メモリアル」のコーナーや霞ヶ浦の水質変化を示した「霞ヶ浦研究レポート」のコーナーもある。館内の案内を研究所のOBがインストラクターとして務める
センターの運営目標は「遊びながら科学を体験できる科学館」である。インフォメーションには、緊急地震速報を受信する「デジタルなまず」が置かれている
館内展示のみならず、館外にも展示物がある。横浜博覧会から移設されたH-IIロケットは高さが50mある。やじろべえの原理で平衡を保つ「ゆるぎ石」は質量が50tあるにも関わらず、軽く力を加えただけで動かすことができる。屋外展示場の見学も入館券が必要。

  • 開館時間:9時50分〜17時(12月と1月の平日は16時30分まで)

  • 休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、月末最終火曜日、臨時休館、年末年始

  • 館内施設:展示室、プラネタリウム、休憩室、レストラン滝、サイエンスミュージアムショップ


付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「つくばエキスポセンター」 に関連する記録(最新10件)

日光・那須・筑波
  22    13  2 
2016年10月07日(日帰り)
日光・那須・筑波
  8    2 
2016年08月16日(日帰り)
日光・那須・筑波
  22    16  2 
2016年06月11日(日帰り)
関東
  19   4 
2016年03月20日(日帰り)
日光・那須・筑波
  94    25  2 
2016年02月21日(日帰り)
日光・那須・筑波
  4   9 
2016年02月13日(日帰り)
関東
  63    12  2 
2015年12月13日(日帰り)
日光・那須・筑波
  27    65  6 
2015年11月07日(日帰り)
日光・那須・筑波
  22    16 
2015年08月12日(日帰り)
ページの先頭へ