ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 油壺湾入口

油壺湾入口(あぶらつぼわんいりぐち)

最終更新:2015-07-27 07:49 - suge-gasa
基本情報
場所 北緯35度09分24秒, 東経139度37分12秒
関東ふれあいの道 神奈川県コース2の撮影ポイント
油壺湾ヨットハーバーを背景に踏破認定写真を撮影する。
分岐
展望ポイント 油壺湾ヨットハーバーを見下ろす

油壺湾入口 (基準標高15.9m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
13.1
平均気温
9.5
最低気温
5.8
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 5.6 時間/日
降水量 2 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

油壺湾(あぶらつぼわん)は、三浦半島の南西部に位置し、相模湾に面する湾。北側の網代崎と南側の名向崎に挟まれたリアス式海岸の入り江で、幅100-150m、奥行700mと東西に細長い。行政区域としては神奈川県三浦市三崎町に属する。
湾名の由来は地名の油壺と同様、湾内が油を流したように静かなためとも、16世紀に三崎城が落城した際に三浦氏の死体で水面に油が漂ったからともされる。
湾の奥に至るまでに地形的に何段階か折れ曲がっているおかげで外海のうねりが到達せず、また周囲の岬の高さとそこに生い茂る林が風を防いでくれているおかげで水面が穏やかに保たれる湾であり、天然の良港になっている。以前は台風の時などに漁船が退避するために使っていた場所で、きわめて閑寂とした場所で、漁師の間では、いくつかの逸話もそえつつ「三浦一族の亡霊が彷徨っている」などとも語られていた
第二次世界大戦中の1945年には、この臨海研究所を本部として横須賀鎮守府の第1特攻戦隊の基地が置かれ、第14回天隊などがいた。
現在、この湾の奥まった場所にはヨットハーバーが整備されている。上述のごとく天然の良港で、台風などの時にもヨットが被害を受けにくい。数ある日本のヨットハーバーの中でも歴史が長いものであり、日本のセーリングヨット史を辿ると幾度も登場する湾である。ただし、湾は今でも湾をとりかこむ岬の林や道の狭さによって、外の視線からは守られていて人の出入りは少なく、ヨット関係者や付近の別荘などの利用者以外にとっては近づきがたい、ひっそりとした雰囲気を保っている。
なお湾に面してヨット整備に関して老舗的な会社が存在しており、周囲のハーバーからだけでなく、湘南や横浜あたりのハーバーを係留地とするヨットの中にも整備・改造・艤装変更等のために海路ここにやってくるものがある。
湾には国土地理院の験潮場もあり、海面の水位を測定して土地の隆起・沈降や津波を解析している。
なお、油壺湾の北側に伸びる岬、網代崎は、かつては三浦氏の居城 三崎城があった場所であり、城の建物はすっかり失われてしまったが、それがあった場所にその歴史を偲ぶ案内板が立てられている。城跡付近の、油壺湾に面するあたりに東京大学の三崎臨海実験所が設けられ、臨海生物の生態などを研究している。
1979年に定められたかながわの景勝50選の1つに選ばれている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「油壺湾入口」 に関連する記録(最新10件)

房総・三浦
  11   8 
2016年09月17日(日帰り)
房総・三浦
  30     13 
2016年08月17日(日帰り)
房総・三浦
  75    9 
2016年06月11日(日帰り)
房総・三浦
  63     81  6 
2016年06月04日(日帰り)
ページの先頭へ