ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 与那覇岳

与那覇岳(よなはだけ)

最終更新:2015-12-08 09:44 - otou
基本情報
標高 503m
場所 北緯26度43分00秒, 東経128度13分07秒
樹林に囲まれて眺望はありません
ここから50m程更に進んだところに498m 三角点が有ります
山頂

与那覇岳の日の出・日の入り時刻

12/08(木) 12/09(金) 12/10(土) 12/11(日) 12/12(月) 12/13(火) 12/14(水)
日の出 7時0分 7時1分 7時1分 7時2分 7時3分 7時3分 7時4分
日の入り 17時39分 17時39分 17時39分 17時40分 17時40分 17時40分 17時41分

与那覇岳 (標高503m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
17
平均気温
14.2
最低気温
11.7
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 3.3 時間/日
降水量 4.6 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

国頭集落からみた与那覇岳。 滞在中は毎日のように雨雲がかかってました。
与那覇岳9合目の植生群落が琉球政府により1956年6月に指定されたとありました。
与那覇岳方面です。
与那覇岳頂上
与那覇岳山頂。503M

山の解説 - [出典:Wikipedia]

与那覇岳(よなはだけ)は、沖縄県国頭郡国頭村字奥間・字比地に位置する山である。
沖縄海岸国定公園内にある沖縄本島最高峰で、標高は503メートル(沖縄県最高峰は石垣市の於茂登岳の標高526メートル)。ただし、その隣の498メートルのピークに三角点があり、こちらを山頂のように見なす向きもある。外見はなだらかな山であるが、山頂付近までいくつもの谷が入り込む複雑な地形である。
いわゆる山原(やんばる)の森の中心にあたり、イタジイが優占する照葉樹林に覆われ、谷間を中心にシダ類やランの種類が多い。植物ではヒモランやクニガミシュスランなど、動物ではノグチゲラやヤンバルクイナ、ケナガネズミなど、多くの貴重な動植物の生育・生息地でもある。ただし、麓の方は伐採や開発により畑や二次林になっている。
ふもとの比地から山頂に至る登山道があり、現在では8合目付近で林道(大国林道)がこれを横切るように通っている。なお、比地から少し上ったところに国頭村森林公園が整備されている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「与那覇岳」 に関連する記録(最新10件)

九州・沖縄
  16    9 
2015年12月05日(日帰り)
九州・沖縄
  33    18 
2015年12月03日(日帰り)
九州・沖縄
  43    19  2 
butamaru, その他1人
2015年10月27日(日帰り)
九州・沖縄
  6    1 
2015年09月16日(日帰り)
九州・沖縄
  19    7 
2015年05月21日(日帰り)
九州・沖縄
  41    20 
2015年05月04日(日帰り)
九州・沖縄
  14    4 
2015年04月25日(日帰り)
九州・沖縄
  17     13 
2015年02月19日(日帰り)
九州・沖縄
  14  
2015年02月19日(日帰り)
ページの先頭へ