ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 牛久浄苑牛久大仏
最終更新:2013-03-27 09:00 - kabo
基本情報
場所 北緯35度58分57秒, 東経140度13分12秒
高さ世界一の大仏
駐車場
トイレ
水場
食事
バス停
展望ポイント

牛久浄苑牛久大仏 (基準標高19.8m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
11.6
平均気温
5.2
最低気温
-0.4
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 5.6 時間/日
降水量 1.5 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

牛久大仏(うしくだいぶつ、正式名称:牛久阿弥陀大佛)は、日本の茨城県牛久市にあるブロンズ(青銅)製大仏立像で、全高120m(像高100m、台座20m)あり、立像の高さは世界で3番目だが、ブロンズ立像としては世界最大。浄土真宗東本願寺派本山東本願寺によって造られた。
事業構想は1983年に着手、1986年に工事が着工し、1992年12月に完成した。事業主体は浄土真宗東本願寺派本山東本願寺。
浄土真宗東本願寺派の霊園である牛久浄苑のエリア内に造られた。その姿は同派の本尊である阿弥陀如来像の形状を拡大したものである。
全高120m(像高100m、台座20m)を誇り、奈良の大仏(像高14.98m)が掌に乗り、アメリカ合衆国ニューヨーク州にある自由の女神像(全高93m、手を掲げた姿勢の像高46.05m)の実質的な像高(足元から頭頂までの高さ33.86m)の3倍近くの大きさである。
地上高世界最大の\"ブロンズ製\"人型建造物(仏像)であり、ギネスブックには「世界一の大きさのブロンズ製仏像」として登録されている。台座を含めた地上高世界最大の人型建造物は、全高約208 m、像高約106mの中国の魯山大仏である。
なお、近代以前に造営されたものでは中国唐代の磨崖仏である楽山大仏の像高59.98mが世界最大である。
また、大型の人型建造物を含む長さの比較資料としては「1 E1 m」、「1 E2 m」が詳しい。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「牛久浄苑牛久大仏」 に関連する記録(最新10件)

関東
  9    6 
kurosuke, その他7人
2016年07月16日(日帰り)
関東
  13    4 
Yoshi3, その他1人
2014年05月17日(日帰り)
関東
  45    1 
2012年06月17日(日帰り)
ページの先頭へ