ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 下野国分寺跡

下野国分寺跡(しもつけこくぶんじあと)

最終更新:2013-06-03 11:33 - higashino9
基本情報
場所 北緯36度23分06秒, 東経139度48分22秒
水場

下野国分寺跡 (基準標高49.1m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
11.3
平均気温
4.4
最低気温
-1.3
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 6.2 時間/日
降水量 1.1 mm/日
最深積雪 1 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

下野国分寺跡
下野国分寺跡
下野国分寺跡 中門跡
12:52 下野国分寺跡を歩きます。
ここを右に曲がれば下野国分寺跡があります。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

下野国分寺跡(しもつけこくぶんじあと)は、栃木県下野市にある古代寺院跡。国の史跡に指定されている。
奈良時代に聖武天皇の詔により日本各地に建立された国分寺のうち、下野国国分寺の寺院跡にあたる。現在は整備され、史跡公園となっている。
本項では同じく国の史跡である下野国分尼寺跡についても解説する。現寺院については下野国分寺を参照。
下野市西部、姿川と思川に挟まれた台地上に残る寺院跡である。思川の対岸には下野国庁跡も残っている。一帯は栃木県内最大級の前方後円墳である吾妻古墳・琵琶塚古墳・摩利支天塚古墳が残るように、古代から下毛野氏の本拠地として先進地帯であった。
国分寺・国分尼寺跡は600メートルほどの距離で東西に並んで発掘されており、現在は下野市天平の丘公園として整備されている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「下野国分寺跡」 に関連する記録(最新10件)

日光・那須・筑波
  75     18  2 
2016年10月10日(日帰り)
関東
  5   7 
2016年04月23日(日帰り)
日光・那須・筑波
  4   8 
2016年01月23日(日帰り)
日光・那須・筑波
  40    33 
2015年12月23日(日帰り)
関東
  56    7 
2015年01月24日(日帰り)
関東
  57     16 
2014年12月08日(日帰り)
日光・那須・筑波
  36    39 
2014年11月08日(日帰り)
関東
  68    24 
2014年05月06日(日帰り)
ページの先頭へ