ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 鞆の浦 市営渡船乗場
最終更新:2013-06-19 13:34 - navecat
基本情報
場所 北緯34度22分58秒, 東経133度23分02秒
駐車場
他の宿泊施設
トイレ
食事
お風呂
バス停

鞆の浦 市営渡船乗場 (基準標高20m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
11.8
平均気温
7.7
最低気温
3.7
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 4.7 時間/日
降水量 1.2 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

鞆の浦(とものうら)は、広島県福山市鞆地区の沼隈半島南端にある港湾およびその周辺海域。
現在は鞆港の港周辺の市街を含めた範囲も「鞆の浦」と呼ぶことも多いが、本来「鞆の浦」とは「鞆にある入り江」という意味であり鞆港を中心とした海域のことである。
沿岸部と沖の島々一帯は「鞆公園」として国の名勝および国立公園に指定されている。
鞆の浦周辺は、1925年に国の名勝「鞆公園」に指定された。また、1934年3月16日に国立公園として初の、瀬戸内海国立公園に指定された。そのため、国立公園指定当時の記念切手や絵葉書には、鞆の風景が描かれているものがある。なお、鞆の浦に含まれる島には仙酔島、つつじ島、皇后島、弁天島、玉津島、津軽島がある。
瀬戸内海の海流は満潮時に豊後水道や紀伊水道から瀬戸内海に流れ込み瀬戸内海のほぼ中央に位置する鞆の浦沖でぶつかり、逆に干潮時には鞆の浦沖を境にして東西に分かれて流れ出してゆく。つまり鞆の浦を境にして潮の流れが逆転する。「地乗り」と呼ばれる陸地を目印とした沿岸航海が主流の時代に、沼隈半島沖の瀬戸内海を横断するには鞆の浦で潮流が変わるのを待たなければならなかった。このような地理的条件から大伴旅人などによる万葉集に詠まれるように、古代より潮待ちの港として知られていた。また、鞆は魏志倭人伝に書かれる「投馬国」の推定地の一つともなっている。
鞆の浦の港町である鞆には古い町並みが残り、1992年には都市景観100選に、2007年には美しい日本の歴史的風土100選にも選ばれた。また、1927年に日本二十五勝の海岸景勝地として、「鞆の浦・屋島・若狭高浜」が選ばれた。江戸時代の港湾施設である「常夜燈」、「雁木」、「波止場」、「焚場」、「船番所」が全て揃って残っているのは全国でも鞆港のみである。江戸時代中期と後期の町絵図に描かれた街路もほぼすべて現存し、当時の町絵図が現代の地図としても通用する。そのような町は港町に限らず、全国でも鞆の浦以外には例がない。
2008年公開された『崖の上のポニョ』で、宮崎駿監督が構想を練った地として有名になり、映画・テレビドラマ等、映像作品のロケが増えている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「鞆の浦 市営渡船乗場」 に関連する記録(最新10件)

中国
  30    6 
2016年07月05日(2日間)
中国
  4  
cloverleafs, その他20人
2016年01月03日(日帰り)
中国
  17    32  2 
beak, その他1人
2014年12月21日(日帰り)
中国
  40     131  10 
2013年10月31日(日帰り)
中国山地東部
  13    9 
gotu5551, その他1人
2013年03月29日(日帰り)
中国
   2 
noso, その他2人
2012年01月08日(日帰り)
ページの先頭へ