ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 大沢崩れ

大沢崩れ(おおさわくずれ)

最終更新:2013-12-03 00:23 - MtView
基本情報
場所 北緯35度21分43秒, 東経138度42分08秒
位置は展望台の場所。ロープが張ってあり、これより先は通行不可能。こことは別に、近くに見晴台もある。
危険個所
展望ポイント

大沢崩れ (基準標高2519.8m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
-3.6
平均気温
-7.7
最低気温
-11.4
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 5.9 時間/日
降水量 4.4 mm/日
最深積雪 14 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

大沢崩れ(おおさわくずれ)とは、富士山の山体の真西面側にある大沢川の大規模な侵食谷のこと。最大幅500m、深さ150m、頂上の火口直下から標高2,200m付近まで達する。大沢川は大沢川大橋付近より潤井川と名称変更し、海まで通じている。
大沢崩れは現在も進行しており、落岩の音が絶えない。崩壊が更なる崩壊を呼ぶため、崩壊地は拡大する一方である。大沢崩れの形成の年代は明らかではないが、堆積している古い土石流の中に埋もれていた木片を年代測定した結果、約1,000年前に大規模な土砂移動があったと推定された。現在では1日あたり10トン積みの大型ダンプカー28台分に相当する275tほどの崩壊量がある。大沢崩れ下方には土石流などの崩壊物が堆積し扇状地となっており、防災のための砂防工事が進められている
富士山には800以上もの放射谷・侵食谷が発達しているといわれるが(放射谷が集まってより大規模な侵食谷になる)、そのなかで大沢崩れが特に崩壊規模が大きいのは、大沢崩れのある西面がもっとも傾斜が急であるからとされる。なお、このような侵食谷の発達は別に異常のものではなく、現在の富士山の地形は地形の輪廻からすると幼年期であり、やがては風雪などによって侵食が進み、開析された山体となっていく運命にある。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「大沢崩れ」 に関連する記録(最新10件)

富士・御坂
  25    14  4 
2016年10月30日(日帰り)
富士・御坂
  17   13  3 
chipuken0919, その他1人
2016年10月22日(日帰り)
富士・御坂
  41    9 
2016年10月20日(日帰り)
富士・御坂
  147     9 
hiramidex, その他1人
2016年10月15日(日帰り)
富士・御坂
  79    9 
2016年10月10日(日帰り)
富士・御坂
  93    10 
batumaru, その他1人
2016年10月10日(日帰り)
富士・御坂
  33     18 
de5, その他2人
2016年09月18日(日帰り)
富士・御坂
  24    16  4 
2016年09月17日(日帰り)
富士・御坂
  33    8  1 
john_m, その他1人
2016年09月10日(日帰り)
富士・御坂
  1     1 
2016年08月11日(日帰り)
ページの先頭へ