ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 赤谷川本谷(入渓点)

赤谷川本谷(入渓点)(あかやがわほんだに)

最終更新:2013-09-11 16:29 - kamog
基本情報
場所 北緯36度48分14秒, 東経138度51分56秒
谷川岳西面の名渓。別名は阿弥陀沢。
川古温泉から長い赤谷林道、そして毛渡乗越へ向かう悪路の登山道を伝い
登山道が沢の対岸に渡る箇所で入渓する。
前半は「マワット下ノセン」(10m)、「マワットノセン」(15m)、「巨岩帯の連瀑」(長い)、「裏越ノセン」(6段70m)、「ドウドウノセン」(10段100m)と名立たるセン(滝のこと)が続き、事前に情報を得ないと高巻きは難しく、概ね笹藪漕ぎや露岩帯の登下降だ。過去、この高巻きをミスして数日下りられなかったパーティもあるようだ。
クライミング熟達者でなおかつ沢登り熟達者ならば条件が整えば滝の直登も過去成功している。
後半は天気がよく平水であれば、すばらしいトロ、釜、小滝を持つ上部ゴルジュ帯、そして沢が東に向けば開放的な草原の中を流れる小川となり、前半の難攻をクリアした者だけが得られる至福を迎えられる。
ただ最後の詰めはルートによって猛烈な笹薮漕ぎを余儀なくされる。

沢登り初心者、初級者には経験者が同行しても厳しいであろう。
パーティ全員が沢登り中級者以上向けだ。
遡行グレード:3級上(滝登攀は除く)
危険個所

赤谷川本谷(入渓点) (基準標高1108.7m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
2.2
平均気温
-1.9
最低気温
-5.5
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 4 時間/日
降水量 4.6 mm/日
最深積雪 82 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

赤谷川本谷
赤谷川本谷
赤谷川本谷
赤谷川本谷。
赤谷川本谷雪渓

付近の山

この場所を通る登山ルート

「赤谷川本谷(入渓点)」 に関連する記録(最新10件)

谷川・武尊
  18   
2016年09月10日(2日間)
谷川・武尊
  
tarehashi, その他1人
2016年09月03日(日帰り)
谷川・武尊
  70     31 
2015年10月11日(日帰り)
谷川・武尊
  13     4 
jun555, その他3人
2014年08月02日(2日間)
谷川・武尊
  129     37 
2013年08月13日(2日間)
谷川・武尊
  14     6  4 
gankoya, その他2人
2001年09月24日(日帰り)
谷川・武尊
  4   
kumahiko, その他5人
1997年09月13日(2日間)
谷川・武尊
  
1990年07月20日(2日間)
谷川・武尊
  
zeropon, その他5人
1982年07月04日(3日間)
ページの先頭へ