ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 会下山

会下山(えげやま)

最終更新:2013-10-20 04:58 - justiceone
基本情報
標高 63m
場所 北緯34度40分39秒, 東経135度09分27秒
兵庫区の西端にあり、長田区の山塊が南東に零れ落ちたような場所にある小山。
山全体が公園として整備されており、桜の名所として親しまれている。
山体の下を新湊川が貫通しており、このトンネル(新旧2本ある)も有名。
付近は古墳などが多く出土し、古くから開けた地であったとされる。
西隣にも標高80mほどの小山があり頓田山とよばれ、配水場となっているが、ここからも出土品が出た。
山頂
トイレ
展望ポイント

会下山の日の出・日の入り時刻

12/04(日) 12/05(月) 12/06(火) 12/07(水) 12/08(木) 12/09(金) 12/10(土)
日の出 6時50分 6時50分 6時51分 6時52分 6時53分 6時54分 6時54分
日の入り 16時50分 16時50分 16時50分 16時50分 16時51分 16時51分 16時51分

会下山 (標高63m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
11.4
平均気温
8
最低気温
4.5
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 4.9 時間/日
降水量 1.3 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

会下山遺跡
会下山遺跡
会下山遺跡
会下山遺跡
会下山遺跡

山の解説 - [出典:Wikipedia]


会下山(えげやま)は、兵庫県神戸市兵庫区会下山町にあり、長田区との区境に隣接する標高80〜85mの山。
広さ12,000坪の会下山公園となっており、桜の名所、神戸の夜景スポットとしても知られている。芦屋市にも弥生時代 高地性集落の遺跡で有名な同漢字の地名(えげのやま)がある。会下とは、仏教用語で会堂や師匠の常在する集団修行場を意味し、地名としても全国に多く見られる。
西北に近接する離れ小島のような形で、頓田山(とんでんやま)があり、現在は配水場となっている。宝塚伝説で有名な二本松古墳という竪穴式古墳が存在した。また、会下山の西の谷を鬼谷(兎谷とする説もあり)と呼んだという。湊川改修により新しく新湊川トンネルを掘削した時(2000年竣工)、大きな建物の礎石、古墳等が見つかっている。古くから人が生活していた跡があり、現在の神戸の発祥地と表現されることもある。眺めが良く、軍事上の要衝でもある。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「会下山」 に関連する記録(最新10件)

六甲・摩耶・有馬
  424    7 
2014年05月03日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  16    8 
2013年08月03日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  36    40  6 
kuurin, その他10人
2013年02月11日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  19   2 
2011年04月29日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  11  
2011年03月19日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  27    8 
kobechuokumotti, その他5人
2011年01月08日(日帰り)
ページの先頭へ