ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 讃岐国分寺

讃岐国分寺(さぬきこくぶんじ)

最終更新:2013-12-11 15:18 - matoyan
基本情報
場所 北緯34度18分11秒, 東経133度56分38秒

讃岐国分寺 (基準標高48.8m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
11.6
平均気温
7.4
最低気温
3.2
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 4.4 時間/日
降水量 1.1 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

讃岐国分寺(さぬきこくぶんじ)は、香川県高松市国分寺町国分にある真言宗御室派の寺院。四国八十八箇所霊場の第八十番札所。札所寺院としては単に「国分寺」と称するのが通例である。
奈良時代に聖武天皇の詔により日本各地に建立された国分寺のうち、讃岐国国分寺の後継寺院にあたる。本項では現寺院とともに、創建当時の史跡である讃岐国分寺跡(国の特別史跡)についても解説する。
本尊真言:おん ばさら たらま きりく
ご詠歌:国を分け 野山をしのぎ 寺々に 詣れる人を 助けましませ
高松市西部、国分台丘陵の南に立つ。讃岐国府跡推定地の東方2kmに位置し、一帯は讃岐国の中心地であり多くの遺跡が発掘されている。
現在の境内は、創建当時の国分寺の伽藍と重複している。伽藍跡は全国に残る国分寺跡の中でも保存状態が良く、国の特別史跡に指定されている。なお国分寺跡で特別史跡であるのは、当寺の他に遠江国分寺跡と常陸国分寺跡のみである。そのほか、本堂・本尊・銅鐘が国の重要文化財に指定されている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「讃岐国分寺」 に関連する記録(最新10件)

四国
  22   2 
jiroyuta, その他1人
2016年05月13日(6日間)
四国
  39    13 
sorutyiga, その他1人
2015年08月23日(日帰り)
四国
  49    16 
2015年04月23日(日帰り)
四国
  27     26  4 
2015年04月18日(2日間)
四国
  14   
2014年12月08日(3日間)
四国
  1     9  3 
2013年05月13日(日帰り)
四国
  30     10  1 
2013年05月01日(5日間)
ページの先頭へ