ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 行川アイランド駅

行川アイランド駅(なめがわあいらんどえき)

最終更新:2013-12-30 11:04 - higashino9
基本情報
場所 北緯35度07分06秒, 東経140度13分33秒
バス停

行川アイランド駅 (基準標高47m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
13.2
平均気温
8.5
最低気温
4.1
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 5.3 時間/日
降水量 2.7 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

行川アイランド駅に到着。
だーれもいない行川アイランド駅。
ゴールの行川アイランド駅に到着(SUICA使用可)。
今度は外房線の上を越える。 下に行川アイランド駅のホームが見える。
行川アイランド駅。 無人駅。 周辺には店どころか、自販機すらない。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

行川アイランド駅(なめがわアイランドえき)は、千葉県勝浦市浜行川(はまなめかわ)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)外房線の駅である。
旧国鉄時代に商用施設の名前を付けた、数少ない駅の一つである。行川アイランド閉園後も駅名は改名されていない。
行川アイランドを訪れる観光客のために設置された臨時乗降場だったため、勝浦市と鴨川市の境界(旧上総・安房国境)に近い山間部に無理やりホームが作られている。ここが、外房線沿線の行川アイランド付近で唯一国道128号側に開けた場所だったためである。
国鉄民営化以降、無人駅として残されているが、行川アイランド自体が人家の少ない所にあったため、近くの集落までは約1kmも離れているうえ、山に囲まれた地形で駅からはその姿さえ見えない。駅から行川アイランド跡地へつながる国道128号の歩道橋上から1軒だけ人家が見える程度である。
行川アイランド跡地は閉園時のまま残されており、カーテンが閉められたままの入場券売り場・鉄柵でふさがれた園内入口のトンネル・錆び付いた案内板など、無惨な光景をさらしている。
跡地は2004年(平成16年)に共立メンテナンスが取得。高齢者定住ホームの建設を予定していたが、その後の世界的な金融危機の煽りを受け、事実上計画は頓挫したままである。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「行川アイランド駅」 に関連する記録(最新10件)

房総・三浦
  12   7 
2016年11月23日(日帰り)
房総・三浦
  9   11  2 
2016年11月02日(日帰り)
房総・三浦
  14    8 
JBoy3, その他7人
2016年05月01日(日帰り)
房総・三浦
  142     28  2 
2015年12月19日(日帰り)
房総・三浦
  73     6 
2015年05月06日(日帰り)
ページの先頭へ