ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 八幡岬公園
最終更新:2015-08-03 13:01 - suge-gasa
基本情報
場所 北緯35度08分08秒, 東経140度18分41秒
駐車場
トイレ
水場
展望ポイント

八幡岬公園 (基準標高10.9m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
13.5
平均気温
9.2
最低気温
5.2
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 5.3 時間/日
降水量 2.6 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

八幡岬公園。
八幡岬公園。
勝浦の八幡岬公園へ
「八幡岬公園」マップ
八幡岬公園より 勝浦灯台

山の解説 - [出典:Wikipedia]

勝浦城(かつうらじょう)は、千葉県夷隅郡勝浦(現在の千葉県勝浦市浜勝浦)に存在した日本の城。
勝浦湾の東南端に突き出た天然の険しい崖の上(八幡岬)に築かれた海城(要害)で、築城経緯・時期などの詳細は不明だが、1521年(大永元年)に真里谷城の城主だった上総武田氏の一族の真里谷信興(真里谷信清?)が安房の里見義堯による北上阻止のために支城として築城されたという説がある。
その後、真里谷武田家の一族の居城となっていたが、真里谷武田家が内紛で勢力を弱めると、後北条氏と里見氏が上総に進出するようになった。
1544年(天文13年)、里見方の正木時茂が大多喜城の真里谷朝信を滅亡させ、朝信の勢力圏を里見氏の傘下に収めたとき、勝浦城も里見方となっている。以後は正木氏の一族の正木時忠が入り、勝浦正木氏と呼ばれるようになった。時忠は後に後北条氏に寝返ったが、里見氏は勝浦城に激しい攻撃を加えこれを取り戻している。正木憲時の乱が起きたとき、正木頼忠(お万の父)は里見義頼に味方したため、憲時の攻撃を受け、一時落城したといわれ、のちに「お万の布晒し」の伝承を生んだ。憲時の乱が鎮圧されると、頼忠は勝浦城主に復帰している。
1590年(天正18年)に徳川家臣の本多忠勝に攻められ落城後廃された。
城が存在した場所は現在、八幡岬公園となっている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「八幡岬公園」 に関連する記録(最新10件)

房総・三浦
  9    8 
2016年11月30日(日帰り)
房総・三浦
  13    21 
2016年05月21日(日帰り)
房総・三浦
  14    8 
JBoy3, その他7人
2016年05月01日(日帰り)
房総・三浦
  114     20 
2014年08月24日(日帰り)
房総・三浦
  18    8 
2014年03月07日(日帰り)
房総・三浦
  15    18 
2013年12月28日(日帰り)
ページの先頭へ