ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 花の窟神社

花の窟神社(はなのいわやじんじゃ)

最終更新:2014-03-25 16:41 - higashino9
基本情報
場所 北緯33度52分47秒, 東経136度05分36秒

花の窟神社 (基準標高33.4m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
13.8
平均気温
8.9
最低気温
4.6
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 6.1 時間/日
降水量 2.8 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

花の窟神社
花の窟神社
花の窟神社到着です。
そして花の窟神社を目指します。 しめ縄。
まず、花の窟神社 神々の母、イザナミノミコトが眠る御陵です

山の解説 - [出典:Wikipedia]

花窟神社(花の窟神社、はなのいわやじんじゃ)は三重県熊野市有馬町に所在する神社。伊弉冉尊(伊弉冊尊、いざなみのみこと)と軻遇突智尊(かぐつちのみこと)を祀る
『日本書紀』(神代巻上)一書には、伊弉冉尊は軻遇突智(火の神)の出産時に陰部を焼かれて死に、「紀伊国の熊野の有馬村」に埋葬され、以来近隣の住人たちは、季節の花を供えて伊弉冉尊を祭ったと記されている。当社では、それが当地であると伝え、社名も「花を供えて祀った岩屋」ということによるものである。
神体である巨岩の麓にある「ほと穴」と呼ばれる高さ6メートル、幅2.5メートル、深さ50センチメートルほどの大きな窪みがある岩陰が伊弉冉尊の葬地であるとされ。
延喜式神名帳に「花窟神社」の名はなく、神社というよりも墓所として認識されていたものとみられる。実際、神社の位格を与えられたのは明治時代のことである。
今日に至るまで社殿はなく、熊野灘に面した高さ約45メートルの巨岩である磐座(いわくら)が神体である。この巨岩は「陰石」であり、和歌山県新宮市の神倉神社 の神体であるゴトビキ岩は「陽石」であるとして、一対をなすともいわれ、ともに熊野における自然信仰(巨岩信仰・磐座信仰)の姿を今日に伝えている。
2004年、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部(熊野参詣道伊勢路の一部)として登録された。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「花の窟神社」 に関連する記録(最新10件)

大台ケ原・大杉谷・高見山
  
uriyamaurio, その他1人
2016年07月02日(日帰り)
近畿
  47     21 
2016年03月21日(日帰り)
東海
  45    6  2 
2016年03月20日(日帰り)
大台ケ原・大杉谷・高見山
  1     17 
arukuecotour, その他25人
2016年03月14日(2日間)
東海
  11    18 
2016年02月18日(日帰り)
近畿
  20    1 
udag, その他1人
2016年01月16日(日帰り)
近畿
  26     30 
2015年12月12日(2日間)
近畿
  49     47  14 
2015年12月05日(日帰り)
大峰山脈
  62    33 
2015年09月19日(3日間)
ページの先頭へ