ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 三室山

三室山(みむろやま)

最終更新:2014-05-01 23:17 - s-eichi
基本情報
標高 82m
場所 北緯34度36分01秒, 東経135度42分54秒
奈良県生駒郡斑鳩町神南4丁目にある標高82メートルの小さな山。
平安時代の歌人・在原業平や能因法師の歌など、多くの和歌に詠まれていることでも知られる。
頂上には高さ1.9mの五輪塔があり、能因法師の供養塔と伝えられている。もとは神南の集落にあったとされるが、三室山が公園として整備された際に山頂に移された。
山頂

三室山の日の出・日の入り時刻

12/05(月) 12/06(火) 12/07(水) 12/08(木) 12/09(金) 12/10(土) 12/11(日)
日の出 6時48分 6時49分 6時49分 6時50分 6時51分 6時52分 6時52分
日の入り 16時49分 16時49分 16時49分 16時49分 16時49分 16時49分 16時49分

三室山 (標高82m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
11.8
平均気温
7
最低気温
3.1
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 4.1 時間/日
降水量 1.5 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

三室山に到着
三室山からの景色
三室山頂上
三室山山頂
三室山の登る。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

三室山(みむろやま)とは、奈良県生駒郡斑鳩町神南4丁目にある標高82メートルの小さな山である。
平安時代の歌人・在原業平や能因法師の歌など、多くの和歌に詠まれていることでも知られる。
三室山は、古来から神の鎮座する山とされており、別名を神南備山とも、三諸山とも言い、地名である神南の由来となっている。聖徳太子が斑鳩宮を造営するにあたり、飛鳥の産土神をこの地に勧請されたのが由来となっており、その神々は現在神岳神社に祀られている。
頂上には高さ1.9mの五輪塔があり、能因法師の供養塔と伝えられている。もとは神南の集落にあったとされるが、三室山が公園として整備された際に山頂に移された。
山の大半を含む周辺はすぐ近くを流れる竜田川の沿岸と共に「県立竜田公園」となっており、ソメイヨシノやモミジの名所となっている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「三室山」 に関連する記録(最新10件)

未入力
  
2016年11月13日(日帰り)
近畿
  92    44  6 
2016年07月23日(日帰り)
近畿
  51    8 
2014年05月02日(日帰り)
金剛山・岩湧山
  162    34  2 
2013年09月09日(日帰り)
近畿
  35    1 
2013年03月31日(日帰り)
近畿
  3   
yos894, その他1人
2012年04月14日(日帰り)
近畿
  16   
2010年04月10日(日帰り)
葛城高原・二上山
  
txn240, その他6人
2008年06月15日(日帰り)
近畿
  7  
2007年04月05日(日帰り)
ページの先頭へ