ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 彦岳

彦岳(ひこだけ)

最終更新:2015-04-30 06:55 - hatoko
基本情報
標高 639.4m
場所 北緯33度02分30秒, 東経131度53分22秒
山頂

彦岳の日の出・日の入り時刻

12/04(日) 12/05(月) 12/06(火) 12/07(水) 12/08(木) 12/09(金) 12/10(土)
日の出 6時56分 6時56分 6時57分 6時58分 6時59分 6時59分 7時0分
日の入り 17時11分 17時11分 17時11分 17時11分 17時11分 17時11分 17時11分

彦岳 (標高639.4m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
8.7
平均気温
4.4
最低気温
0.3
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 4.8 時間/日
降水量 1.3 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

彦岳(ひこだけ)は、大分県津久見市と佐伯市との市境にある山。標高639.4m。
大分県南部を代表する山のひとつである。四浦半島の稜線に連なってその付け根に位置しており、頂上が特徴的なドーム状となっているため、周辺のランドマークとなっている。頂上には、彦岳権現社があり、東に津久見湾、佐伯湾のリアス式海岸や豊後水道、西に祖母山、九重連山が一望できる。
2005年3月3日に旧佐伯市と南海部郡5町3村が合併して新佐伯市となる前には、津久見市、旧佐伯市、旧南海部郡弥生町、旧同上浦町の4市町の境界がこの山の頂上に集まっていた。現在は津久見市と佐伯市の市境が山頂を通っている。
登山は、津久見市の彦岳トンネル入口か、佐伯市の狩生からが一般的であるが、津久見市千怒や佐伯市上浦(旧上浦町)、床木(旧弥生町)からも登山道がある。上浦からは7合目付近まで林道が整備されている。毎年4月中旬には津久見市山岳会と津久見市観光協会による山開きが行われる。狩生側の山麓には、国の天然記念物の狩生鍾乳洞がある。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「彦岳」 に関連する記録(最新10件)

九州・沖縄
  36    14 
2016年05月15日(日帰り)
九州・沖縄
  26    16 
2016年02月11日(日帰り)
九州・沖縄
  6    20 
2016年02月06日(日帰り)
九州・沖縄
  57     39 
2015年04月26日(日帰り)
九州・沖縄
  7    14 
2014年11月24日(日帰り)
九州・沖縄
  4   11 
2014年04月06日(日帰り)
九州・沖縄
  23    11 
kamokamo7, その他1人
2014年01月12日(日帰り)
九州・沖縄
  21    28 
2013年11月24日(日帰り)
九州・沖縄
  3    13 
2013年05月04日(日帰り)
九州・沖縄
  17    15 
2013年05月03日(日帰り)
ページの先頭へ