ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > クリュチェフスカヤ

クリュチェフスカヤ(くりゅちぇふすかや)

最終更新:2014-10-19 22:24 - yoneyama
基本情報
標高 4750m
場所 北緯56度03分20秒, 東経160度38分34秒
山頂

関連する写真リスト

クリュチェフスカヤからカーミンを振り返る

山の解説 - [出典:Wikipedia]

クリュチェフスカヤ山(Klyuchevskaya Sopka、)は、カムチャツカ半島の最高峰で、ユーラシア大陸最高峰の活火山でもある。
山頂から西北西約11kmのところにはウシュコフスキ火山(en)、南西約5kmにはカーメン火山(en)、南南西約10kmにはベズイミアニ火山など、これらの山々と連山をなす成層火山で、見る方向によっては富士山によく似ていることからカムチャツカ富士ともよばれる。標高は4,750mであるが、火山活動によって標高は変化する。山頂部の主火口のほか、山腹には多数の側火口を持つ。
晴れの日には北側にシベルチ山(en)を望むことができる。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「クリュチェフスカヤ」 に関連する記録(最新10件)

記録が登録されていません。
ページの先頭へ