ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 星ヶ森

星ヶ森(ほしがもり)

最終更新:2014-10-28 11:35 - maiko1982
基本情報
標高 820m
場所 北緯33度50分07秒, 東経133度06分27秒
石鎚山の西の遥拝所で、江戸時代中期の寛保2年(1742年)に建立された鉄製鳥居「かねの鳥居」越しに石鎚山を遥拝することができる。
弘法大師が42歳の時、この地で星共の密行をしたことで「星ヶ森」という名になったと言われている。
分岐
展望ポイント

星ヶ森の日の出・日の入り時刻

12/09(金) 12/10(土) 12/11(日) 12/12(月) 12/13(火) 12/14(水) 12/15(木)
日の出 6時56分 6時57分 6時57分 6時58分 6時59分 6時59分 7時0分
日の入り 17時5分 17時5分 17時5分 17時6分 17時6分 17時6分 17時6分

星ヶ森 (標高820m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
6.5
平均気温
2.1
最低気温
-2.1
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 3.1 時間/日
降水量 2.1 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

星ヶ森で待望の光景に出会えました。
山門が見えてきました! 星ヶ森へは、この山門の前を右へ向かいますが、まずは参拝を。
山門まで戻り、星ヶ森方面へ。 横峰寺から星ヶ森までは、舗装はされていませんが車も通れる整備された歩きやすい道です。
山門に向いて右後方へ行くと奥の院の「星ヶ森」があります。石鎚山を拝める場所。弘法大師も修行したようです。横峰寺参拝後に向かいます。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

横峰寺(よこみねじ)は、愛媛県西条市小松町にある真言宗御室派の寺院。石鈇山(いしづちざん)、福智院(ふくちいん)と号す。本尊は大日如来、向って右脇仏は石仙菩薩(しゃくぜんぼさつ)、同左脇仏は蔵王権現御正体。四国八十八箇所霊場の第六十番札所。
本尊真言:おん あびらうんけん ばざらだどばん
ご詠歌:縦横に 峰や山辺に 寺建てて あまねく人を 救うものかな

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「星ヶ森」 に関連する記録(最新10件)

石鎚山
  
2016年10月15日(日帰り)
石鎚山
  
2016年08月23日(日帰り)
四国
  51    25  4 
2016年01月30日(5日間)
四国
  24    22  2 
2015年05月07日(日帰り)
四国
  9    9 
maiko1982, その他1人
2014年10月25日(日帰り)
四国
  6    15  2 
2014年04月26日(日帰り)
石鎚山
  2    8 
2013年05月01日(2日間)
四国
  20   1 
2013年04月22日(日帰り)
ページの先頭へ