ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 斑尾山

斑尾山(まだらおやま)

最終更新:2010-11-07 18:03 - otou
基本情報
標高 1382m
場所 北緯36度50分14秒, 東経138度16分27秒
山頂は樹林に覆われて展望は無い
山頂

斑尾山の日の出・日の入り時刻

12/09(金) 12/10(土) 12/11(日) 12/12(月) 12/13(火) 12/14(水) 12/15(木)
日の出 6時41分 6時42分 6時42分 6時43分 6時44分 6時45分 6時45分
日の入り 16時38分 16時39分 16時39分 16時39分 16時39分 16時39分 16時40分

斑尾山 (標高1382m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
-0.2
平均気温
-4.3
最低気温
-8.4
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 3.2 時間/日
降水量 4.4 mm/日
最深積雪 53 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

斑尾山
妙高・戸隠・雨飾 2016年08月21日 飯縄山
斑尾山
斑尾山
斑尾山
斑尾山

山の解説 - [出典:Wikipedia]

斑尾山(まだらおやま、まだらおさん)は、長野県飯山市・信濃町との境にある、標高1382mの火山。北信五岳のひとつ。第四紀の約100万年前の火山で、40〜30万年前に周辺に火砕流を発生させ火山活動を停止したと考えられる。
北信五岳の中で標高が一番低く、飯綱山(1,917m)、戸隠山(1,904m)、黒姫山(2,053m)、妙高山(2,454m)と比べても斑尾山は際立って低いにもかかわらず、北信五岳の一つとなっている。これは5つの山を中野市周辺から眺めた場合、一番近い斑尾山が他の山とあたかも同じような高さで見えるためである。頂上には、薬師如来を祭った祠があり、祠の中には13体の如来像が祀られている。像は祠から出すことができるが、一旦出すと、一体だけ収めることが難しくなる。伝承によると、この像を出し入れすると雨が降るとされる。
斑尾山のふもとの斑尾高原には斑尾高原スキー場やタングラムスキーサーカスがある。
ナウマンゾウの化石で有名な野尻湖は、斑尾山の噴出物により川がせき止められてできたとの説もある。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「斑尾山」 に関連する記録(最新10件)

妙高・戸隠・雨飾
  18    11  4 
2016年11月13日(日帰り)
妙高・戸隠・雨飾
  98    128 
2016年11月12日(2日間)
甲信越
  37   6 
bunapowtama-nyan, その他2人
2016年11月12日(日帰り)
妙高・戸隠・雨飾
  16    5 
yamaoyazi, その他3人
2016年11月04日(日帰り)
甲信越
  54    11 
matusan, その他3人
2016年10月24日(日帰り)
妙高・戸隠・雨飾
  197     50  18 
2016年10月18日(5日間)
妙高・戸隠・雨飾
  22    10 
2016年10月16日(日帰り)
妙高・戸隠・雨飾
  200     24 
2016年10月16日(4日間)
妙高・戸隠・雨飾
  35    68 
2016年10月15日(日帰り)
妙高・戸隠・雨飾
  18    8 
2016年10月15日(日帰り)
ページの先頭へ