ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 雨乞岳

雨乞岳(あまごいだけ)

最終更新:2014-05-15 22:30 - Non-Day
基本情報
標高 2036.8m
場所 北緯35度49分34秒, 東経138度14分08秒
山頂

雨乞岳の日の出・日の入り時刻

12/08(木) 12/09(金) 12/10(土) 12/11(日) 12/12(月) 12/13(火) 12/14(水)
日の出 6時36分 6時37分 6時38分 6時38分 6時39分 6時40分 6時41分
日の入り 16時43分 16時43分 16時43分 16時43分 16時43分 16時44分 16時44分

雨乞岳 (標高2036.8m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
-0.8
平均気温
-5.7
最低気温
-11
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 5.6 時間/日
降水量 1.5 mm/日
最深積雪 9 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

東雨乞岳
雨乞岳。
雨乞岳山頂
雨乞岳山頂
雨乞岳頂上

山の解説 - [出典:Wikipedia]

雨乞岳(あまごいだけ)は、山梨県北杜市にある標高2,037 mの山。赤石山脈の甲斐駒ヶ岳から鋸岳への尾根の途中から北に分かれた尾根にある。山頂近くから、甲斐駒ヶ岳、鳳凰三山、富士山を展望できる。山梨百名山の一つ。
全山、花崗岩でできている。
古くから雨乞い信仰の山となっており、山頂近で雨乞い儀式が行われていた。これは、東側の流川源流に岩石を落として空気を震えさせ、その力で雨を降らせようというものであった。東山麓にある石尊神社では、山頂での雨乞い儀式に先だって参拝してから登ることとされていた。
山頂の南東にある水晶ナギ周辺では、かつて水晶の採掘が行われていた。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「雨乞岳」 に関連する記録(最新10件)

甲信越
  25    2 
2016年12月03日(日帰り)
甲斐駒・北岳
  17    21  1 
syowa08, その他7人
2016年11月26日(日帰り)
甲斐駒・北岳
  31   16 
2016年11月23日(日帰り)
甲斐駒・北岳
  108     110  7 
hapirakasai0123also, その他10人
2016年11月13日(日帰り)
甲信越
  46    29  4 
-aki-, その他1人
2016年11月13日(日帰り)
甲斐駒・北岳
  24    32  2 
2016年11月12日(日帰り)
甲斐駒・北岳
  38     87 
yasio, その他1人
2016年11月12日(日帰り)
未入力
  
2016年11月12日(日帰り)
甲斐駒・北岳
  69    49 
yasio, その他1人
2016年11月05日(日帰り)
ページの先頭へ