ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 硫黄山

硫黄山(いおうやま)

最終更新:2016-02-09 22:08 - Raccoon-dog
基本情報
標高 1317m
場所 北緯31度56分49秒, 東経130度51分14秒
1768年に韓国岳の北西山腹に形成された火山。
霧島連山の中では最も新しい火山体と考えられている。
硫黄山を巡る自然探勝路が整備されているが、しばしば火山活動が観測されるため事前に入山規制等の情報に注意を要する。
山頂
危険個所 火山活動に要注意
展望ポイント

硫黄山の日の出・日の入り時刻

12/09(金) 12/10(土) 12/11(日) 12/12(月) 12/13(火) 12/14(水) 12/15(木)
日の出 6時59分 7時0分 7時0分 7時1分 7時2分 7時2分 7時3分
日の入り 17時20分 17時20分 17時20分 17時20分 17時21分 17時21分 17時21分

硫黄山 (標高1317m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
4.6
平均気温
-0.1
最低気温
-5
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 5.1 時間/日
降水量 3.3 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

霧島山(きりしまやま)は、九州南部の宮崎県と鹿児島県県境付近に広がる火山群の総称であり、霧島連山霧島連峰霧島山地あるいは霧島火山群とも呼ばれる。最高峰の韓国岳(標高1,700m)と、霊峰高千穂峰(標高1,574m)の間や周辺に山々が連なって山塊を成している。
有史以降も噴火を繰り返す活火山(気象庁の活火山ランク付けはB)であり、特に新燃岳と御鉢では活発な火山活動が続いている。火山噴火予知連絡会によって火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山に選定されている。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「硫黄山」 に関連する記録(最新10件)

霧島・開聞岳
  17    30 
haruf, その他1人
2016年11月20日(日帰り)
霧島・開聞岳
  27     20 
2016年11月04日(日帰り)
霧島・開聞岳
  25   18  2 
misakin2121, その他2人
2016年10月30日(日帰り)
霧島・開聞岳
  43    17  2 
2016年10月01日(日帰り)
霧島・開聞岳
  34    11 
2016年10月01日(日帰り)
霧島・開聞岳
  8    15 
2016年09月26日(日帰り)
霧島・開聞岳
  8    9 
2016年09月24日(日帰り)
霧島・開聞岳
  19    12 
2016年08月29日(日帰り)
霧島・開聞岳
  11    
2016年08月27日(日帰り)
霧島・開聞岳
  57    11  2 
2016年08月25日(日帰り)
ページの先頭へ