ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 大洲城

大洲城(おおずじょう)

最終更新:2015-02-17 14:56 - higashino9
基本情報
場所 北緯33度30分33秒, 東経132度32分29秒
山頂
駐車場
トイレ
水場
展望ポイント

大洲城 (基準標高18.2m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
12
平均気温
6.8
最低気温
3.2
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 2.7 時間/日
降水量 2.4 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

大洲城
2月14日 16:36 43番明石寺〜44番大宝寺 大洲城を左に見ながら肱川橋を渡る

山の解説 - [出典:Wikipedia]

大洲城(おおずじょう)は伊予国喜多郡大洲(四国・愛媛県大洲市大洲)にあった日本の城である。別名としては地蔵ヶ嶽城比志城大津城(大洲の旧称)などがある。
大洲の地は、伊予を南北につなぐ大洲街道・宇和島街道の結節点にあり、また東には四国山脈を抜けて土佐国に出る街道がある。また、すぐ西には大洲の外港とも言える八幡浜(現八幡浜市)があり、大洲は歴史的にはややひなびた立地ながらも交通の要衝といえる場所にあった。宇都宮氏が創建した当初は、肱川と久米川の合流点にあたる地蔵ヶ岳に築城したことから地蔵ヶ岳城と呼ばれた。
江戸時代初期、藤堂高虎らによって大規模に修築がなされ、近世城郭としての体裁を整えた。伊予大洲藩の政治と経済の中心地として城下町は繁栄していた。また、明治維新後から現在にいたる地元住民の城郭への保護活動と、平成16年(2004年)に主に市民による寄付によって完成した往時を出来る限り忠実に復元した4重4階の天守も特筆すべき点である。江戸時代から残る台所櫓・南隅櫓など4棟の櫓が国の重要文化財、城跡一帯が県指定史跡に指定されている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「大洲城」 に関連する記録(最新10件)

未入力
  
2016年12月05日(2日間)
四国
  37   5 
jiroyuta, その他1人
2016年09月11日(6日間)
四国
  20    26  2 
2015年02月14日(2日間)
ページの先頭へ