ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 箕面滝

箕面滝(みのおたき)

最終更新:2011-10-15 19:32 - KENPEI
基本情報
場所 北緯34度51分13秒, 東経135度28分18秒

箕面滝 (基準標高332.8m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
9.5
平均気温
4.6
最低気温
0.3
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 4.3 時間/日
降水量 1.4 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

箕面滝(みのおたき、みのおたき、みのおだき)は、大阪府箕面市の明治の森箕面国定公園内にある滝である。箕面大滝ともいう。日本の滝百選の一つに選定されている。
古くは修験道の道場であった。「箕面」の名は木々の間から流れ落ちる姿が蓑に似ていることから付けられたとか、周辺に「尾」のつく地名が多いことから水尾から転じたとも言われている。
年間200万人以上の観光客が訪れる箕面公園は紅葉の名所であり、秋には特に多くの人で賑わう。
阪急箕面駅から2.8kmの比較的緩やかな道のりであり、滝の間近には大日駐車場(2013年(平成25年)4月より一部期間有料化)が存在するためにアクセスは非常に良いが、季節によっては週末を中心に大変混雑する。周辺にはニホンザルが頻繁に出現するが、人に危害を加えることもあるため、餌を与えてはいけない(詳細は箕面市の記事を参照)。
箕面滝道には、1951年(昭和26年)7月11日に起こった集中豪雨による濁流で流された人の救出活動を部下3名と共に続けて殉職した、箕面警察署長合田百一の記念碑が1987年(昭和62年)9月に建立されている。
滝の名句として知られる後藤夜半の「瀧の上に水現れて落ちにけり」(1929年作)は、この箕面滝を詠んだもの。大阪府営箕面公園の滝前に句碑が建っている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「箕面滝」 に関連する記録(最新10件)

京都・北摂
  29    8 
2016年12月03日(日帰り)
京都・北摂
  31   6 
2016年12月03日(日帰り)
京都・北摂
  15   4 
bykinnuru, その他1人
2016年12月03日(日帰り)
京都・北摂
  57    16 
yoshimai, その他3人
2016年12月03日(日帰り)
近畿
  83    8  2 
fu-tyan, その他1人
2016年11月29日(日帰り)
未入力
  
2016年11月27日(日帰り)
京都・北摂
    4 
2016年11月26日(日帰り)
近畿
  40   13 
2016年11月24日(日帰り)
近畿
  48   7 
2016年11月23日(日帰り)
京都・北摂
  75    25 
2016年11月23日(日帰り)
ページの先頭へ