ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > チョ・オユー

チョ・オユー(Cho Oyu)

最終更新:2010-12-23 15:57 - alpsdake
基本情報
標高 8201m
場所 北緯28度06分31秒, 東経86度41分17秒
・世界第6高峰
山頂
危険個所 8000m峰では、難易度が低いとされている
展望ポイント

関連する写真リスト

先っチョ。
も~チョと
蝶チョでした
チョこっと紅葉
ア、チョ〜!

山の解説 - [出典:Wikipedia]

チョ・オユー(; ; ; )は、ネパールと中国チベット自治区にまたがるヒマラヤ山脈の山。標高は8,201 mで世界第6位。チョー・オユーとも表記される。
シェルパ語で「トルコ石の女神」の意味。全部で14座ある8000m峰の中では最も登りやすい山とされ、多くの公募隊が組まれている。エベレストの前哨戦として選ばれることの多い山でもある。ただし登りやすいといっても、それはノーマルルート(北西稜)のことであって、南西壁は標高差2000mの大岩壁となっており、技術の卓越した登山家のみが選択するルートとなっている。他の8000m峰に比べると山頂が広く、最高地点が不明瞭なため、背景にエベレストとローツェが写りこむように撮影することが登頂の証明として好まれている。
初登頂はエベレストが登られた1年後の1954年である。この登頂で特筆すべきなのは、隊員3人、シェルパ7人、隊荷の総重量1トンという、当時としては少人数・軽装備であること。そして8000m峰としては唯一、秋に初登頂されたことである。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「チョ・オユー」 に関連する記録(最新10件)

記録が登録されていません。
ページの先頭へ