ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > ヴィンソン・マシフ

ヴィンソン・マシフ(Vinson Massif)

最終更新:2013-09-12 02:20 - matoyan
基本情報
標高 4892m
・南極大陸最高峰
山頂
危険個所
展望ポイント

山の解説 - [出典:Wikipedia]

ヴィンソン・マシフ( )は、南極大陸最高峰の山。標高は、2004年のGPS測定で4,892mに改訂。それ以前は4,897mであった。南極半島の付け根付近にある。1966年12月17日、アメリカアルパイン協会とナショナルジオグラフィック協会の協力を得たニコラス・クリンチをはじめとするアメリカのグループが初登頂に成功した。日本語表記ではかつては、「ビンソンマッシーフ」と表記されていた。
ヴィンソン・マシフは巨大な山塊(Massif)であり、長さ、幅で、エルスワース山脈のセンチネルレンジにある。南極半島の付け根近くのロンネ棚氷を見下ろすことができ、南極点まで約1200km程度の位置にある。
2006年11月1日、USACANは、マウントヴィンソンとヴィンソン・マシフは別の存在であると言明した。
マウントヴィンソン は南極大陸の最高峰で、高さは。ヴィンソン・マシフの頂上にある高原の北部にあり、センチネルレンジの主脈の南部にある。初登頂は1966年で、2001年の探検では初めて東側ルートから登頂された。そのとき同時にGPSで頂上の標高が測定された。2010年2月の時点で約1,400人がマウントヴィンソンの頂上に着いたと見積もられている
野口健は自身のブログでヴィンソン・マシフの印象を「なだらかな真っ白い頂きに女性的な優しさすら感じた」と述べている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「ヴィンソン・マシフ」 に関連する記録(最新10件)

記録が登録されていません。
ページの先頭へ