ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 涸沢岳

涸沢岳(からさわだけ)

基本情報
標高 3110m
場所 北緯36度17分47秒, 東経137度38分47秒
山頂

涸沢岳の日の出・日の入り時刻

12/07(水) 12/08(木) 12/09(金) 12/10(土) 12/11(日) 12/12(月) 12/13(火)
日の出 6時37分 6時38分 6時38分 6時39分 6時40分 6時41分 6時41分
日の入り 16時46分 16時46分 16時46分 16時46分 16時46分 16時47分 16時47分

涸沢岳 (標高3110m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
-10.1
平均気温
-12.9
最低気温
-17.4
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 4.1 時間/日
降水量 4.5 mm/日
最深積雪 45 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

穂高岳(ほたかだけ)は、中部山岳国立公園の飛騨山脈(北アルプス)にある標高3,190mの山。日本第三位の高峰。日本百名山、新日本百名山及び花の百名山に選定されている。
奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳、前穂高岳、西穂高岳、明神岳などの峰々からなる穂高連峰の総称。前穂高岳以外は主に長野県松本市と岐阜県高山市の境界に位置している。主峰は奥穂高岳であり、長野県 (信州) と岐阜県 (飛騨) の最高峰である。
北は大キレットの峻険な登降を経て、南岳、大喰岳の先の槍ヶ岳に連なっている。南は奥穂高岳より西穂高岳に至る痩せ尾根を経て、焼岳へと連なる。奥穂高岳より吊り尾根を経て、前穂高岳に至り、カール (圏谷) を下れば、上高地河童橋に至る。また、岐阜県側に穂高岳山荘から白出沢を下るか、あるいは西穂高岳からロープウェーかその下の道を下れば、新穂高温泉である。
穂高岳は、剱岳、谷川岳と共に日本三大岩場に数えられている。特に、涸沢岳から南岳の稜線の飛騨側には、谷川岳一の倉沢と並ぶ有数の岩場滝谷を擁する。 滝谷は急峻なだけでなく、崩れやすい岩も多く、岩の墓場と形容される。 また、前穂高岳の東側、奥又白谷の上部も角度の高い岩壁となっている (前穂東壁と呼ばれる) 。井上靖の小説『氷壁』で魚津が遭難したのが前者で小坂が遭難したのが後者である。
穂高岳登山の拠点となる涸沢は、奥穂高岳と前穂高岳に挟まれた吊り尾根よりU字型にえぐられた圏谷で、夏でも雪渓が残る。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「涸沢岳」 に関連する記録(最新10件)

槍・穂高・乗鞍
  52     31 
2016年11月03日(3日間)
槍・穂高・乗鞍
  94    21 
2016年10月29日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  89   15 
2016年10月27日(4日間)
槍・穂高・乗鞍
  18    28  2 
2016年10月26日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  44     36 
2016年10月26日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  26     27 
takku_y, その他2人
2016年10月24日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  32     38 
2016年10月22日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  42    35 
2016年10月22日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  77    29  2 
2016年10月22日(2日間)
ページの先頭へ