ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 八幡山

八幡山(はちまんやま)

最終更新:2016-11-19 21:26 - I_am_Ryo
基本情報
標高 158.7m
場所 北緯36度34分11秒, 東経139度53分14秒
山頂
展望ポイント

八幡山の日の出・日の入り時刻

01/25(水) 01/26(木) 01/27(金) 01/28(土) 01/29(日) 01/30(月) 01/31(火)
日の出 6時45分 6時45分 6時44分 6時43分 6時43分 6時42分 6時41分
日の入り 17時2分 17時3分 17時4分 17時5分 17時6分 17時7分 17時8分

八幡山 (標高158.7m)付近の気温

1月の気温(推定値)
最高気温
7.9
平均気温
2.2
最低気温
-3.2
Loading...

周辺の平年の気象状況

1月の気象
日照時間 6.6 時間/日
降水量 1.1 mm/日
最深積雪 5 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

八幡山(はちまんやま)は、栃木県宇都宮市にある山である。標高158.7m。
栃木県北西部山系は日光二荒山神社や日光東照宮を祀る日光山内から小倉山、愛宕山、茶臼山、浅間山と続き、宇都宮市北部の篠井富屋連峰を経て戸祭山、当山と続き、そしてその最南端部に明神山が位置する。日光連山および篠井富屋連峰から沸く水は、この山系に沿って鬼怒川、田川、釜川の流れとなり、鬼怒川や田川から引水された人工河川の新川や西鬼怒川とともに宇都宮市域を潤し、また田川からの引水は今市浄水場から戸祭配水場を経て、鬼怒川からの引水は松田新田浄水場を経て何れも上水として宇都宮市民に供給されるなど、宇都宮の水源となっている。当山はまた鬼怒川と田川に挟まれた宇都宮丘陵の一部を成している。宇都宮市街地は、戸祭山、当山、明神山の三峰を中心としてその山麓の平坦部に形成されている。
当山の名前の由来は、江戸時代に奥平忠昌が宇都宮城の北方の備えとして当山に誉田別命を祀って八幡宮を創建した(もしくは再建した)ことによる(塙田八幡宮)。当山の山麓にはこのほか慈光寺や祥雲寺、東妙寺、蒲生神社、塙田雷神社、星宮神社などが所在する。また、現在山頂付近から南麓にかけては八幡山公園が、また北麓には宇都宮競輪場が整備されている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「八幡山」 に関連する記録(最新10件)

関東
  17    27 
2016年11月18日(日帰り)
日光・那須・筑波
  16    14 
2016年04月01日(日帰り)
関東
  
2013年05月29日(日帰り)
日光・那須・筑波
  7    13  2 
akagera02, その他2人
2012年09月09日(日帰り)
ページの先頭へ