ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 八家地蔵

八家地蔵(やかじぞう)

最終更新:2016-11-23 19:47 - shigetoshi
基本情報
場所 北緯34度46分03秒, 東経134度43分59秒

八家地蔵 (基準標高18.3m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
11.8
平均気温
7.2
最低気温
3.1
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 5.2 時間/日
降水量 1.2 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

八家地蔵
八家地蔵です
「八家地蔵」
「八家地蔵」の由来
八家地蔵からの小赤壁の全貌。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

八家地蔵(やかじぞう)は、兵庫県姫路市的形町福泊にある鎌倉時代建立の地蔵(地蔵菩薩半跏像)。
景勝地である小赤壁東の海岸近くにある鎌倉時代に彫られた地蔵菩薩半跏像である。元来は航海安全の為の地蔵として祀られたらしいが、いつからか子授け地蔵として信仰を集めるようになり、遠方からの参拝者も多い。地元では子供の地蔵様ということで「地蔵様のとこの石を持って帰り、子供ができたら二つにして返す」といわれている。江戸時代に書かれた「播磨名所巡覧図絵」にも記載がある。現在はお堂に祀られるが、江戸時代までは吹きさらしであったらしい。石造の地蔵菩薩像としてはかなり大きい部類に入り、台座、光背を含めると210cmある。光背は網笠状となっており、本体とは一体であり、一つの石から彫出されたもの。蓮台は異なる石から造られ、左足踏み下げとなり、右手に錫杖、左手には宝珠を持つ。やや面長のふくよかな顔面で、大きな白毫を持ち、目、鼻は造りが大きく温和な表情を見せ、堂々とした体躯で、全体に平安時代の作風を思わせる地蔵菩薩である。
この場所には、この地蔵のみならず100体を超える奉納された石仏が建屋内、屋外に分散し祀られており壮観である。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「八家地蔵」 に関連する記録(最新10件)

近畿
  48    9 
2014年10月04日(日帰り)
近畿
  12    5 
Happy-K, その他1人
2013年09月22日(日帰り)
近畿
  18     10 
2012年02月07日(日帰り)
近畿
  12  
polar_bear, その他1人
2012年01月28日(日帰り)
近畿
  26     15  2 
2011年10月06日(日帰り)
ページの先頭へ