ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > カンチェンジュンガ

カンチェンジュンガ(Kangchenjunga)

最終更新:2010-12-23 16:03 - alpsdake
基本情報
標高 8586m
場所 北緯27度42分12秒, 東経88度08分50秒
世界第3高峰、2006年5月14日に竹内洋岳が南面クラシックルートで無酸素登頂。
山頂
危険個所
展望ポイント

関連する写真リスト

カンチェンジュンガ
カンチェンジュンガ。
BCからカンチェンジュンガ
ピケピーク気肇ンチェンジュンガ。
カンチェンジュンガが見えてきた。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

カンチェンジュンガKangchenjunga ; ; シッキム語:)は、ネパール東部のメチ県とインドのシッキム州との国境にあるシッキム・ヒマラヤの中心をなす山群の主峰。標高8,586mはエベレスト、K2に次いで世界第3位。
カンチェンジュンガとはチベット語で「偉大な雪の5つの宝庫」の意味。主峰の他に西峰=ヤルン・カン(8,505m)、中央峰(8,478m)、南峰=カンチェンジュンガII(8,476m)、カンバチェン(7,903m)が並ぶ。衛星峰に囲まれていて、最高点を中心に半径20Kmの円を描くとその中に7000m以上の高峰10座、8000m級のカンチェンジュンガ主峰と第II峰の2座が入り、壮大さは比類がない。さらにこの山がダージリンの丘陵上から手に取るような近さで眺められることも、この山を古くから人に親しませる理由となった。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「カンチェンジュンガ」 に関連する記録(最新10件)

記録が登録されていません。
ページの先頭へ