ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > ナンガ・パルバット

ナンガ・パルバット(Nanga Parbat)

最終更新:2010-12-23 15:44 - alpsdake
基本情報
標高 8125m
場所 北緯35度14分27秒, 東経74度35分16秒
・世界第9高峰
・1983年7月31日に、富山県山岳連盟登山隊が日本人初登頂。
山頂
危険個所
展望ポイント

関連する写真リスト

No.9 ナンガ・パルバット(Nanga Parbat) 8,125m by Atif Gulzar
エアーマットにナンガ(シュラフ)+低反発まくら の快適装備。 今回はUL装備ではありません。
テントの中も整えました。シュラフは今回初めて使うナンガのオーロラ450DX(十分な暖かさ)。中の枕はイスカのコージーピローです(これは必要なかったかも)。
2日目 おはようございます。 ツェルトにナンガ300DXはちょっと寒かったかも(^^;) 荷物は見晴にデポしてアタックザックで身軽の2人。 私はフル装備であります(^^;)
出発前夜、自宅にて 今回から導入の-13℃対応の厳冬期用シュラフ(左) ”ナンガ・オーロラライト750SDXLT”(48,000円、高っ!) それにしてもこの大きさって・・・ これだけでかなりのスペースとってますネ。。。(^_^;)

山の解説 - [出典:Wikipedia]

ナンガ・パルバットNanga Parbat )は、ヒマラヤ山脈のパキスタンギルギット・バルティスタン州にある山。標高は8,125 mで世界第9位。
「ナンガ・パルバット」はウルドゥー語で「裸の山」の意味で、その周囲に高い山がないことに由来する。nangaナンガとは、サンスクリット語でnaked、bareの意である。
南側のルパール壁は標高差4,800 mと世界最大の標高差を誇り、また屈指の登攀難壁である(初登攀はラインホルト・メスナーとギュンター・メスナー)。西側のディアミール壁も困難な壁である。南西稜は「マゼノリッジ」と呼ばれ、13 kmの間に7,000 m峰を6つ、6,000 m峰を2つ含むヒマラヤでも最大級の稜線となっている。
ヘルマン・ブールが1953年7月3日に初登頂するまでにドイツ隊が何度も挑み、多くの遭難者を出したことから「人喰い山」と恐れられた。2013年にブロード・ピークの冬期登頂が達成されたため、冬季登頂が成功していない数少ない8000メートル峰だったが、2016年の2月26日にシモーネ・モロが冬季登頂に成功した。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「ナンガ・パルバット」 に関連する記録(最新10件)

記録が登録されていません。
ページの先頭へ