ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > アンナプルナ

アンナプルナ(Annapurna)

最終更新:2010-12-23 15:52 - alpsdake
基本情報
標高 8091m
場所 北緯28度35分45秒, 東経83度49分10秒
・世界第10高峰
・1964年10月13日(南峰初登頂)に、京都大学登山隊が登頂
山頂
危険個所
展望ポイント

関連する写真リスト

アンナプルナ
アンナプルナ
アンナプルナ
アンナプルナ
アンナプルナ

山の解説 - [出典:Wikipedia]

アンナプルナ(()、ネパール語およびネパール・バサ語 : ())は、ネパール・ヒマラヤの中央に東西約50 kmにわたって連なる、ヒマラヤ山脈に属する山群の総称。サンスクリットで「豊穣の女神」の意味。第1峰(8,091 m)、第2峰(7,937 m)、第3峰(7,555 m)、第4峰(7,525 m)で、第1峰は標高世界第10位。
ネパールのポカラや近在のダンプス、サランコットなどから、手軽にその雄姿を見ることが出来る。ネパールが鎖国時代には近づけなかったが、1950年開国直後の6月3日にフランスのモーリス・エルゾーグ、ルイ・ラシュナル率いるフランス隊によって、第1峰に初登頂がなされた。人類が足跡を刻んだ初めての8,000 m峰(全部で14ある)であり、3年後にエベレストが登頂されるまでは人類が登頂した最も高い山であった。
この登頂に際して、これまでと異なる大きな際立った点が2点ある。一つ目は化学繊維製品の大幅な活用。二つ目は軽装速攻主義をとった点である。だが、最も特筆すべきなのは、初挑戦で初登頂に成功し、なおかつ1人の犠牲者を出すことなく撤退したという点に尽きるだろう。しかし、無事に撤退したとは言え8,000 m峰の登頂は過酷を極め、登頂したモーリスとルイは2人合わせて30本の指を凍傷で失い、空港で出迎えた人々を絶句させた。
アンナプルナは初めて登頂された8,000m峰であるが、登頂するには非常に危険度が高い山である。北側は雪崩が頻発し、反対側の南壁は技術的に困難な大岩壁となっている。そのため8,000m峰の中では最も登頂者が少なく、K2やナンガ・パルバットをも上回る、最も死亡率が高い山となっている。2012年3月の時点で、登頂者数191人に対し、死亡者数は61人に達する。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「アンナプルナ」 に関連する記録(最新10件)

記録が登録されていません。
ページの先頭へ