ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 両神山

両神山(りょうかみさん)

最終更新:2011-12-10 02:01 - marumaru11
基本情報
標高 1723m
場所 北緯36度01分24秒, 東経138度50分28秒
山頂

両神山の日の出・日の入り時刻

12/07(水) 12/08(木) 12/09(金) 12/10(土) 12/11(日) 12/12(月) 12/13(火)
日の出 6時34分 6時35分 6時36分 6時36分 6時37分 6時38分 6時39分
日の入り 16時39分 16時39分 16時39分 16時39分 16時39分 16時40分 16時40分

両神山 (標高1723m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
1.2
平均気温
-4.9
最低気温
-10.3
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 5.9 時間/日
降水量 1.1 mm/日
最深積雪 4 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

両神山(りょうかみさん)は埼玉県秩父郡小鹿野町と秩父市の境目にある山。奥秩父山塊の北部にあり、標高は1,723m。日本百名山の一つ。山岳信仰の霊峰であり、両神山、三峰山、武甲山をあわせて「秩父三山」という。
山名は、イザナギ、イザナミの神を祀っていることから両神と呼ぶという説、日本武尊の東征のおりこの山を八日間見ながら通過していったので八日見山と名づけられた説、「龍神を祭る山」が転じて両神山となったという説など、諸説ある。
古くからの信仰の山であり、表登山道とされる東面の日向大谷からの道には、数多くの石仏、石碑、丁目石が残されている。浦島からの登山道にも興味深い石仏が残されているが、今は廃道となっている。北麓の尾ノ内には龍頭神社があり、尾ノ内沢沿いに八丁尾根上の奥宮まで登拝路があるが、今では荒れていて危険である。山中、山麓の神社では、通常の狛犬の位置に山犬すなわち狼の石像が置かれている。狼を神の使いとする三峰神社の影響が窺われる。
地質学的には、両神山の多くの部分はチャート(SiO2 、水晶と同じ)という成分で形成されている。チャートは数億年前に海底に沈んだプランクトン(放散虫)の化石からできたもので、鉄よりも硬い(硬度7)。
4月下旬から5月中旬、山頂一帯にアカヤシオが咲く。自然林が多く残され、紅葉が美しいことでも知られている。
八丁峠から登るコースは鎖場の名所として有名。滑落者が埼玉県最多のコースでもある(『岳人』2011年4月号102P)。また、以前は旧両神村の白井差集落方面の登山道が山頂までの最短ルートであったが、行政(両神村・埼玉県や環境庁)と地権者との相続税に関する見解の相違からトラブルとなり2000年4月頃に地権者によってバリケードで封鎖された。その後、2000年10月に行政上は廃道となり、道標なども何者かにより破壊されている。現在は日向大谷からの登山道がメインルートとなっている。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「両神山」 に関連する記録(最新10件)

奥秩父
  55    18 
2016年12月04日(日帰り)
奥秩父
  17    8 
2016年12月04日(日帰り)
奥秩父
  8    10 
2016年12月04日(日帰り)
奥秩父
  8    6 
2016年12月04日(日帰り)
奥秩父
    1  3 
2016年12月03日(日帰り)
奥秩父
  15    10 
2016年12月03日(日帰り)
奥秩父
  19    12 
2016年12月03日(日帰り)
奥秩父
  13    8 
2016年12月03日(日帰り)
奥秩父
  7    5 
mookk, その他2人
2016年12月03日(日帰り)
奥秩父
  22     28 
2016年11月29日(日帰り)
ページの先頭へ