ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 礼文岳

礼文岳(れぶんだけ)

基本情報
標高 490m
場所 北緯45度22分20秒, 東経141度00分57秒
山頂

礼文岳の日の出・日の入り時刻

12/04(日) 12/05(月) 12/06(火) 12/07(水) 12/08(木) 12/09(金) 12/10(土)
日の出 6時54分 6時55分 6時56分 6時57分 6時58分 6時59分 7時0分
日の入り 15時59分 15時59分 15時59分 15時59分 15時59分 15時59分 15時59分

礼文岳 (標高490m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
-2.7
平均気温
-4.6
最低気温
-6.8
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 0.9 時間/日
降水量 2.4 mm/日
最深積雪 33 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

礼文岳(れぶんだけ)は北海道礼文郡礼文町にある標高490mの山である。花の百名山、北海道百名山、新日本百名山。
礼文島で標高の一番高い山である。森林地帯を抜け、草原地帯、はいまつ原、がれ場を通り、片道約4.5km。往路約2時間、復路約1時間半で登頂できることから気軽な登山コースとして親しまれている。350メートルで森林限界に達する。ルート上にトイレは無く飲食物も売っていないので、内路集落で準備を整えておくことが望ましい。
また標高490mにも関わらず天候が荒れることがあるので安易な気持ちで登攀するのは厳禁である。
晴れた日には、北にはスコトン岬の先に樺太、モネロン島(ロシア)が、南には礼文水道の先に利尻富士、天売島、焼尻島を見ることが出来る。1960年代ごろまでは、山頂にキバナシャクナゲやウルップソウが群生していたが、盗掘により絶滅した。
礼文岳は主に中生代の地層で構成されている。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「礼文岳」 に関連する記録(最新10件)

道北・利尻
  26    16  2 
yamaya, その他1人
2016年09月25日(日帰り)
道北・利尻
  92   39  6 
2016年09月25日(日帰り)
道北・利尻
  31    10 
namy, その他1人
2016年09月23日(日帰り)
道北・利尻
  50    6 
yuuri2xx, その他1人
2016年09月23日(日帰り)
道北・利尻
  20    38 
holstein425, その他2人
2016年09月21日(日帰り)
道北・利尻
  10    12 
2016年09月03日(日帰り)
道北・利尻
  28    30 
2016年09月03日(日帰り)
道北・利尻
  15    16 
2016年08月24日(日帰り)
道北・利尻
  299     53  15 
kerolinakiyoponLArc, その他1人
2016年08月24日(7日間)
道北・利尻
  45    18 
2016年08月19日(日帰り)
ページの先頭へ