ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 竜王山

竜王山(りゅうおうざん)

最終更新:2010-12-31 17:53 - KENPEI
基本情報
標高 510m
場所 北緯34度53分55秒, 東経135度32分57秒
山頂

竜王山の日の出・日の入り時刻

12/04(日) 12/05(月) 12/06(火) 12/07(水) 12/08(木) 12/09(金) 12/10(土)
日の出 6時46分 6時47分 6時47分 6時48分 6時49分 6時50分 6時51分
日の入り 16時51分 16時51分 16時51分 16時51分 16時51分 16時51分 16時52分

竜王山 (標高510m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
8.1
平均気温
3.2
最低気温
-1.2
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 4.1 時間/日
降水量 1.8 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

竜王山山頂
竜王山山頂
竜王山山頂
竜王山
竜王山山頂

山の解説 - [出典:Wikipedia]

竜王山(りゅうおうざん)は、大阪府茨木市に所在する標高510mの山。北摂山系に属する。忍頂寺(寿命院)が山麓に所在するため、忍頂寺山(にんちょうじやま)とも呼ばれる。
竜王山は茨木市北部に位置する。竜王山に東海自然歩道が設置されており、多くの登山客が訪れる。
かつては北摂屈指の霊峰として厚い崇拝を受けてきた。伝説によれば、宝亀年間(715年〜716年)の頃、畿内一帯が大干ばつだった時、開成皇子が来山し池を掘り、八大竜王を召請したことにより、背後に控える山を竜王山と呼ぶようになったと伝わる。
現在は山頂付近西側に八大竜王を祀る神社や宝池寺があり、中腹に七坂七不思議が点在する。山頂には3等三角点が設置されている。頂上付近は森林に覆われそのままでは展望が得られないため、山頂の少し南東側に高い展望台が作られている。展望台上からは、大阪平野・生駒山地・六甲山等が望める。ほか、登山ルートには、竜王の滝や穴仏、負嫁岩といった見所が点在する。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「竜王山」 に関連する記録(最新10件)

未入力
  
2016年11月27日(日帰り)
京都・北摂
  90    31 
2016年11月21日(日帰り)
京都・北摂
  14    5 
2016年11月20日(日帰り)
京都・北摂
   2 
2016年10月30日(日帰り)
京都・北摂
  58     22 
tkawabata, その他3人
2016年10月23日(日帰り)
京都・北摂
  48   1 
chinachia7, その他1人
2016年10月15日(日帰り)
近畿
  9    10 
2016年10月14日(日帰り)
近畿
  55    13 
2016年10月10日(日帰り)
京都・北摂
  1   6 
2016年10月08日(日帰り)
京都・北摂
  24    13 
2016年09月10日(日帰り)
ページの先頭へ