ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 三国峠

三国峠(みくにとうげ)

最終更新:2015-04-21 00:04 - junjapa
基本情報
標高 1244m
場所 北緯36度45分58秒, 東経138度49分21秒
日本の新潟県南魚沼郡湯沢町・群馬県利根郡みなかみ町(旧新治村)境を越える峠である。地勢的には中央分水嶺の上にある。

三国峠の日の出・日の入り時刻

12/04(日) 12/05(月) 12/06(火) 12/07(水) 12/08(木) 12/09(金) 12/10(土)
日の出 6時35分 6時36分 6時36分 6時37分 6時38分 6時39分 6時40分
日の入り 16時36分 16時36分 16時36分 16時36分 16時36分 16時36分 16時36分

三国峠 (標高1244m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
1.6
平均気温
-2.3
最低気温
-6.1
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 3.8 時間/日
降水量 3.7 mm/日
最深積雪 59 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

三国峠(みくにとうげ)は、日本の新潟県南魚沼郡湯沢町・群馬県利根郡みなかみ町の境(上越国境)を越える峠である。
古くは越後と江戸を最短距離で結ぶ三国街道の一部として整備されていたが、冬期の積雪、雪崩、夏場の集中豪雨による土砂災害など難所であった。昭和になり、国道17号(三国トンネル)の開通により物流の大動脈となるが、その後の関越自動車道の開通により交通量は減少した。ただし、燃料や一部の薬品などの危険物を搭載した車輌は関越トンネルの通行が禁止されているため、現在でもこの峠を経由している。バブル景気のころには、月夜野ICから苗場スキー場に向けてスキーヤーの車で大渋滞した。現在、三国トンネルの老朽化などに伴って新三国トンネルの建設が計画されている。
新人時代の田中角栄が選挙民向けに行った演説として、「三国峠をダイナマイトで吹っ飛ばすのであります。そうしますと、日本海の季節風は太平洋側に吹き抜けて越後に雪は降らなくなる。出てきた土砂は日本海に運んでいって埋め立てに使えば、佐渡とは陸続きになるのであります」というものがある。

ファイル:Mikuni Pass amountainpath north.jpg|上信越自然歩道
ファイル:Mikuni Tunnel Gumma side.jpg|三国トンネル

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「三国峠」 に関連する記録(最新10件)

谷川・武尊
  67    34  2 
2016年11月26日(日帰り)
谷川・武尊
  16    17 
2016年11月23日(日帰り)
谷川・武尊
  80     102 
2016年11月05日(日帰り)
谷川・武尊
  64     21 
sho0120, その他1人
2016年11月03日(日帰り)
谷川・武尊
  58    19 
2016年10月30日(日帰り)
谷川・武尊
  35    36 
hirame, その他1人
2016年10月26日(日帰り)
谷川・武尊
  24    14  2 
2016年10月23日(日帰り)
谷川・武尊
  21    21 
2016年10月22日(日帰り)
谷川・武尊
  60    31  2 
2016年10月22日(日帰り)
谷川・武尊
  153    14  2 
2016年10月22日(日帰り)
ページの先頭へ