ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 白鷹山

白鷹山(しらたかやま)

最終更新:2012-02-26 00:48 - mokkedano
基本情報
標高 994m
場所 北緯38度13分22秒, 東経140度10分24秒
山頂
山小屋
トイレ

白鷹山の日の出・日の入り時刻

12/10(土) 12/11(日) 12/12(月) 12/13(火) 12/14(水) 12/15(木) 12/16(金)
日の出 6時39分 6時40分 6時40分 6時41分 6時42分 6時43分 6時43分
日の入り 16時26分 16時26分 16時27分 16時27分 16時27分 16時27分 16時28分

白鷹山 (標高994m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
0.4
平均気温
-2.4
最低気温
-5.4
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 2.3 時間/日
降水量 5.2 mm/日
最深積雪 41 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

白鷹山(しらたかやま)は山形県西置賜郡白鷹町、東村山郡山辺町、南陽市の市町境上にある火山。100 - 80万年前に活動。標高994m。
白鷹丘陵の主峰であり、輝石安山岩ないしデイサイトで形成された火山体で、周辺には岩屑なだれの堆積物が分布している。山頂から山腹にかけて溶岩、溶岩ドーム、火砕流・軽石流堆積物、火砕岩などが分布している。北東部には崩壊カルデラがあり、北東約9km余りにのびている。
白鷹山は、地元の住民にとっては、農業・養蚕の神として山岳信仰の対象とされたとするのが通説である。但し、江戸時代後期の白鷹山を取り扱う、米沢領内の名所などを紹介する「米沢事跡考」(元文6年(1736年))や「米沢地名選」(文化6年(1809年))などでは蚕神信仰について触れていないので、蚕神信仰は少なくともこれらの著作成立以降であるとする考察もある。山頂には、日本五大虚空蔵のひとつとされる「福満大虚空蔵尊」がある。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「白鷹山」 に関連する記録(最新10件)

朝日・出羽三山
  28    23  2 
2016年12月06日(日帰り)
東北
  18    10 
Norinori992, その他1人
2016年12月04日(日帰り)
朝日・出羽三山
  12     22 
montedio, その他1人
2016年11月26日(日帰り)
東北
  5    17 
2016年11月19日(日帰り)
朝日・出羽三山
  26    16 
2016年10月31日(日帰り)
東北
  35    71  4 
2016年05月22日(日帰り)
朝日・出羽三山
  21     34 
2016年05月08日(日帰り)
東北
  11  
2016年05月07日(日帰り)
東北
  47    102  6 
2016年05月06日(日帰り)
東北
  25   11 
2016年03月21日(日帰り)
ページの先頭へ