ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 御鼻部山

御鼻部山(おはなべやま)

基本情報
標高 1011m
場所 北緯40度30分36秒, 東経140度52分48秒
山頂

御鼻部山の日の出・日の入り時刻

12/08(木) 12/09(金) 12/10(土) 12/11(日) 12/12(月) 12/13(火) 12/14(水)
日の出 6時41分 6時42分 6時42分 6時43分 6時44分 6時45分 6時45分
日の入り 16時17分 16時17分 16時17分 16時17分 16時17分 16時17分 16時18分

御鼻部山 (標高1011m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
-2.2
平均気温
-4.8
最低気温
-7.5
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 1.6 時間/日
降水量 4.3 mm/日
最深積雪 64 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

御鼻部山分岐
御鼻部山分岐
御鼻部山展望所
御鼻部山東面沢
御鼻部山東面沢

山の解説 - [出典:Wikipedia]

御鼻部山(おはなべやま、花部山とも)は、十和田湖の北岸にある標高1,010.6mの山。
十和田湖を取り囲む外輪山の一つである。「花部山」「御花部山」「膳棚山」とも表記される。
十和田湖は青森県と秋田県の両県にまたがっており、その県境(境界)は近年まで確定されていなかったが、それを確定する上での指標となったのが御鼻部山である。藩政時代の湖面は全域が盛岡藩に属していたが、明治時代の廃藩置県によって青森県と秋田県が誕生したさい、いずれも十和田湖畔に接していたため湖面および湖畔でも境界を確定する必要があった。湖畔の北側の境界は御鼻部山山頂、南側は神田川流域を境界としたが、湖面および湖畔の県境はそれぞれの地元の反対などがありまとまらなかったため、十和田湖の湖面と御鼻部山山頂から同湖畔までの境界は未確定のままであった。その後、青森県と十和田市および秋田県と小坂町が協議した結果、2008年8月29日に廃藩置県以来137年ぶりに境界が確定される事が決まった。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「御鼻部山」 に関連する記録(最新10件)

十和田湖・八甲田
   1 
2016年07月24日(日帰り)
十和田湖・八甲田
  56     27  6 
2016年03月19日(2日間)
十和田湖・八甲田
  45    17 
Utaro, その他1人
2015年04月25日(日帰り)
十和田湖・八甲田
  10    15 
naritagajohassy, その他1人
2011年07月31日(日帰り)
十和田湖・八甲田
  22    33  2 
2011年06月16日(日帰り)
十和田湖・八甲田
  16     2  2 
kmunakatayamakakenaritagajo, その他13人
2009年10月04日(日帰り)
十和田湖・八甲田
   2 
saito1987zeniya1990, その他5人
1995年12月31日(9日間)
ページの先頭へ