ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 十六ノ沢登山口

十六ノ沢登山口(じゅうろくのさわとざんぐち)

最終更新:2013-08-09 11:55 - welcomecat
基本情報
標高 1040m
場所 北緯43度29分01秒, 東経143度05分19秒
別名「杉沢出合い登山口」。国道273号から林道(音更川本流林道)に入ってすぐに、立派なログ製の入林ポストがあるが、この十六ノ沢登山口には別途、プラスチック衣装ケースの登山ポストがある。
登山口
登山ポスト
駐車場
トイレ
水場

十六ノ沢登山口の日の出・日の入り時刻

12/11(日) 12/12(月) 12/13(火) 12/14(水) 12/15(木) 12/16(金) 12/17(土)
日の出 6時43分 6時44分 6時45分 6時46分 6時47分 6時47分 6時48分
日の入り 15時59分 15時59分 16時0分 16時0分 16時0分 16時0分 16時1分

十六ノ沢登山口 (標高1040m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
-5.7
平均気温
-9.3
最低気温
-14.3
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 2.8 時間/日
降水量 2.2 mm/日
最深積雪 57 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

十六ノ沢登山口 既に道内ナンバー2台駐車。トイレ、登山届ポストあり。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

ニペソツ山(ニペソツやま)は、北海道の東大雪にある標高2,013 mの山。北海道十勝総合振興局管内新得町と上士幌町の境にあり、標高2,000mを超える山としては国内で最も東に位置する。日本二百名山に選定されている。
山名は、十勝川の支流ニペソツ川の源に位置することに由来する。「ニペソツ」とはニペソツ川を指すアイヌ語のニペソチnipes-ot-i「シナノキの樹皮(内皮)・〜が群在する・もの」が略されて伝わっているという説が出されているが、用法・実際共にまだ十分に検証されていない。山頂付近は、森林限界のハイマツ帯で、多くの高山植物が自生している。このため、二等三角点(点名「二屏卒山」)のある山頂からは、ウペペサンケ山、トムラウシ山、大雪山、石狩岳など360度の展望が得られる。北東にある登山道の溶岩の積み重なった岩場にエゾナキウサギが生息し、時折岩の隙間から姿を現し、その鳴き声が聴こえる。またシマリスが姿を現すこともある。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「十六ノ沢登山口」 に関連する記録(最新10件)

大雪山
  72    69  2 
2016年10月01日(2日間)
大雪山
  40    124 
2016年09月24日(2日間)
大雪山
  57     18 
2016年08月13日(日帰り)
大雪山
  76     22 
2016年08月12日(日帰り)
道東・知床
  52     185  20 
zeropo7, その他2人
2016年08月12日(2日間)
北海道
  7    11 
HIROPONG95, その他1人
2016年08月11日(日帰り)
北海道
  49    44 
2016年08月11日(日帰り)
大雪山
  16    14 
lio88, その他1人
2016年08月10日(日帰り)
大雪山
  82     113  4 
i-tomo, その他1人
2016年08月10日(日帰り)
大雪山
  22    19 
Kenohzan, その他4人
2016年08月08日(日帰り)
ページの先頭へ