ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 真昼岳

真昼岳(まひるだけ)

最終更新:2016-08-05 16:16 - ma5cha0
基本情報
標高 1059.4m
場所 北緯39度26分52秒, 東経140度40分35秒
山頂

真昼岳の日の出・日の入り時刻

12/10(土) 12/11(日) 12/12(月) 12/13(火) 12/14(水) 12/15(木) 12/16(金)
日の出 6時40分 6時41分 6時42分 6時42分 6時43分 6時44分 6時44分
日の入り 16時21分 16時21分 16時21分 16時22分 16時22分 16時22分 16時22分

真昼岳 (標高1059.4m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
-2
平均気温
-4.2
最低気温
-7.1
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 1.6 時間/日
降水量 6.3 mm/日
最深積雪 183 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

真昼岳(まひるだけ)とは、秋田県仙北郡美郷町と岩手県和賀郡西和賀町との県境にある山である。真昼山とも。真昼山地の主峰で、標高は1059mである。
秋田県側の周囲は真木真昼県立自然公園に指定。なお、県境をまたぐ真昼岳林道(峰越連絡林道)が付近を通るが、未舗装かつ大変狭い。
古くから信仰の対象として真昼山大権現社(三輪神社)が設けられ、中世には周辺の小野寺氏や本堂氏の氏神ともなっていた。
山名は伝説の坂上田村麻呂が東征の折、昼頃に山頂についたからとされている。
登山口は秋田側に赤倉口と善知鳥口、岩手側に沢内口がある。また、峰越(みねこし)林道の秋田、岩手県境からの登山が最も容易に登ることができる。
峰越林道からは、北ノ又岳(きたのまただけ)と音動岳(おんどうだけ)を通り、約1時間半程度で山頂に到着する。写真右の山が音動岳である。
登山道や山頂からは、北に雄大な和賀山塊を見ることができる。美しい景色を見ることができるのがこの山の特徴である。ただ、山頂部分は笹が多く紅葉は期待できない。山腹の紅葉や新緑との対比は美しい。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「真昼岳」 に関連する記録(最新10件)

東北
  25    23  4 
2016年12月04日(日帰り)
東北
  29    30  2 
2016年11月06日(日帰り)
八幡平・岩手山・秋田駒
  83    30 
TAOCCCFCkainameee, その他2人
2016年10月30日(日帰り)
東北
  49     21 
kattu, その他2人
2016年10月29日(日帰り)
栗駒・早池峰
  78    37  4 
2016年10月24日(日帰り)
東北
  53    123  2 
2016年10月22日(日帰り)
東北
  53    25 
y-donko, その他1人
2016年10月22日(日帰り)
八幡平・岩手山・秋田駒
  85    4 
2016年10月21日(日帰り)
八幡平・岩手山・秋田駒
  10    16 
chanmiki, その他1人
2016年10月11日(日帰り)
八幡平・岩手山・秋田駒
  39   
2016年10月09日(日帰り)
ページの先頭へ