ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > ドリーネ

ドリーネ(どりーね) / シンクホール

最終更新:2015-10-11 18:28 - gutenmrgen
基本情報
石灰岩・ドロマイト地域で地下に空洞が発達し表層が崩落して生ずる陥没孔
語源はスロベニア語:doline

関連する写真リスト

ドリーネ
ドリーネ
ドリーネ
ドリーネ
ドリーネ

山の解説 - [出典:Wikipedia]

カルスト地形(独: )とは、石灰岩などの水に溶解しやすい岩石で構成された大地が雨水、地表水、土壌水、地下水などによって侵食(主として溶食)されてできた地形(鍾乳洞などの地下地形を含む)である。化学的には、空気中の二酸化炭素を消費する自然現象である。
広義には、クロアチアのプリトヴィツェ湖群国立公園や中国の九寨溝、トルコのパムッカレ、アメリカのイエローストーン国立公園などの、大量の石灰分を溶解した地下水や温・熱水から石灰華が大規模に再沈殿して作り出される地形も、カルスト地形に含まれる。これらの場合、基盤地質が石灰岩であるとは限らず、化学的には空気中に二酸化炭素を放出する。
また、石灰岩やチョーク(白亜)、泥灰岩、白雲岩(ドロマイト)などの炭酸塩岩以外にも、蒸発岩類(石膏岩、岩塩など)には溶食性の地形が大規模に形成されることがあり、カルスト地形に含められる。空気中の二酸化炭素量の増減には関係しない。

「ドリーネ」 に関連する記録(最新3件)

霊仙・伊吹・藤原
  72    30  2 
nno, その他2人
2016年12月03日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  40    32 
2016年12月03日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  85     47  8 
2016年12月03日(日帰り)
ページの先頭へ